ま ど マギ 2 設定 6。 【スロット】まどマギ 設定6!1日中モード移行に苦しめられる?!|スロかっつ!

【まどマギ2】天井ハマり目前で直撃?!設定6でボコボコに虐められてますw

ま ど マギ 2 設定 6

この記事に書かれている内容は…• 主なものをまとめてみましたので、順を追って見ていきましょう! 【設定変更時の高確移行率】 設定変更時は、設定4~6の高設定域の場合、60%超で高確以上に移行します。 高確移行すると、ステージが「夕方ステージ」になるので、朝一にレア役を引かずに高確移行した場合は、設定変更だけでなく、高設定も期待できます。 また、設定変更時は、天井ゲーム数(ボーナス&ART間)が、通常1000Gのところ、600Gに短縮されるので、こちらでも設定変更を確認できますね。 天井ゲーム数も考慮に入れる場合は、前日閉店時のゲーム数も、チェックしておきましょう! 【弱チェリー出現率】 前作同様、 弱チェリーに設定差が設けられています。 分母も大きくないので、消化中は、しっかりカウントしておいた方が良さそうですね! なお、ユニメモを登録しておけば、小役をカウントしてくれますし、液晶でも、小役の出現回数が確認できるようになっています。 普段ユニメモを使用しない方も、積極的に活用したいですね。 【ボーナス同時成立期待度】 まどマギ2では、ボーナス同時成立にも設定差が存在します。 こちらは、 出現が確認できれば、設定3or5or6の期待が高まります。 なお、上記の出現率は状態不問なので、データも取りやすいと思います。 こちらは、 偶数設定ほど優遇されているようです。 偶数設定であれば、当選率・実質出現率も現実的な確率となっているので、複数回確認できれば、設定4or6に期待ができそうです。 設定6の機械割は、前作よりは低くなっていますね(前作の設定6は116. ネット上では、機械割の低さから、まだ前作ほどの評価は、得られていないようにも見受けられます。 では、実践データはどのように推移するのでしょうか。 高設定挙動台の、スランプグラフは以下の通りです。 seesaa. ART機であれば当然のことかもしれませんが、やはり、ARTでいかに伸ばせるかが、カギとなりますね。 高設定であれば、事故のような特大の上乗せをしなくても、ART突入のチャンスは多いので、単発終了を繰り返すようなことさえ無ければ、無難に勝利できると思います。 パチスロよりも勝率の高いギャンブルがあるのをご存知ですか? パチスロが規制、規制でどんどんと稼げなくなっている中、 すでにネットの一部ではパチスロよりも勝率が高いと話題になっているのですが、 それは、 「オンラインカジノ」です。 オンラインカジノの中でも、特に、「ベラジョンカジノ」で勝ちやすいのには、 3つの理由があります。 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。 勝っても負けても、損はしませんし、パチ屋の空いていない時間にもスマホで稼げてしまうのもメリットなので、試しに遊んでみてくださいね。 そうなれば、カジノの認知度は上がり、カジノのない地方に住んでいる人はオンラインカジノで遊ぶようになります。

次の

【稼動日記】まどかマギカ2の設定6で惨敗。残念な挙動をご覧ください

ま ど マギ 2 設定 6

勝率は83%。 最高枚数は3787枚で、最低枚数は-1075枚でした。 平均差枚数は、1010枚。 ただ、正直この結果には愕然としました。 もちろんたった6回の試行なので、これ以外の良い結果になることも有り得ます。 ですが、 「ジャグラー打ってたほうがええやんけ・・・」 って誰もが思うのではないでしょうか? もし、この結果に 「納得がいかない!もっと良い時が多い!」 という方は、是非ご自身でもアプリを使ってシミュレーションを回してみて下さい。 AメソッドとARTの設定判別の関係 では設定判別の要素が少ないAタイプ(ノーマル機)、ジャグラーを中心に扱っています。 それは一つ一つの確率を全部計算してさらに総合的に判断するからです。 当然理論を身に着けてしまえば、得意な機種に絞って、個別の要素を考えていけば普通に全スロットに使える理論です。 詳細は 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。

次の

【まどマギ3叛逆】設定6の挙動やグラフまとめ|新たな設定差が判明!?

ま ど マギ 2 設定 6

これまでしてきました。 「たった7台かよ!」 と言わないでください。 これめっちゃ時間かかるんです… 「お前ん所、Aタイプだけやったんちゃうんかい!」 と突っ込まれると困ります。 また、スランプグラフだけではなくて、データも全部掲載しようと思います。 7 97. 2 99. 9 101. 4 106. 5 111. 1 116. 実際はどうなんでしょうか? パチスロまどマギ設定6の実力は如何に!? パチスロまどマギ設定6、スランプグラフや差枚、確率の分析と解説 マイナスの台が1台、それを除いて11台がプラスになりました! ただ、数台は、根気入れて回さないといけない展開になっています。 これなんか、4000回転は右肩下がりでハゲそうですね(笑) パチスロまどマギ設定6の最高差枚数や最低差枚数、設定判別の設定判別要素などについて 最高枚数は6184枚で、最低枚数は-735枚!でした。 序盤にできゅうべえが出てくれればドヤ顔で回し続けるでしょうが、普段は設定判別の設定判別要素で判別していくしかありませんよね。 このデータからは残念ですが、弱チェリーしかわからないのです。 (スイカはART大当たり中のスイカもカウントしているため)• 9 弱チェリーは12台中7台が設定6を上回る確率で出現していました。 にて完全確率の出現率を理解している方は、予想通りの結果になったと思います。 一つでは言い切れないけれど、複数の要素があわされば、高設定の確率が上がるのでしたね。 それにしてもこの右肩上がりなグラフ こんな台に座れたらニッコリですよねぇ。 AメソッドとARTの設定判別の関係 では設定判別の要素が少ないAタイプ(ノーマル機)、ジャグラーを中心に扱っています。 それは一つ一つの確率を全部計算してさらに総合的に判断するからです。 当然理論を身に着けてしまえば、得意な機種に絞って、個別の要素を考えていけば普通に全スロットに使える理論です。 今回のシミュレートでは、他の設定差がある要素、• 通常時のスイカでのマジカルチャレンジ• 天国や通常Aなどのモード移行• 弱チェリーでの高確移行 などなどは、結果に現れないので判断できません。 スロットアプリでシミュレーションする時は、ぜひ上のことを意識して設定を見極めてください。 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 ARTタイプだと要素がもっと多くなり、大変過ぎます。 そんな問題に、カウントもしながら複数の条件を自動で設定判別が出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使って下さい。 ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ですから盾もとても重要です。 が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。 パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。 Aメソッドでは、武器を開発しています。 あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。 ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。 それがAメソッドです。

次の