リンデロンvg軟膏 顔。 リンデロン

リンデロンVG軟膏0.12%について前に、日焼けしちゃって皮膚科に行ったらリンデ...

リンデロンvg軟膏 顔

mild 中間の強さのステロイド) ・ロコイド軟膏 ・ロコイドクリーム (成分名:ヒドロコルチゾン酪酸エステル) ロコイドの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 初めて処方されるステロイド剤が ロコイドだったりします。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アボコート mild 中間の強さのステロイド) ・キンダベート軟膏 (成分名:クロベタゾン酪酸エステル) キンダベートの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 キンダベート軟膏も、ステロイドの 強さは 弱めなので、よく処方されます。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・パルデス ・キンダロン ・キングローン ・クロベタポロン ・クロベタゾン酪酸エステル mild 中間の強さのステロイド) ・アルメタ軟膏 (成分名:アルクロメタゾンプロピオン酸エステル) アルメタの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・タルメア ・ビトラ mild 中間の強さのステロイド) ・リドメックス軟膏 ・リドメックスクリーム ・リドメックスローション (成分名:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル) 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 リドメックスの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・スピラゾン ・ユーメトン ・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル mild 中間の強さのステロイド) ・レダコート軟膏 ・レダコートクリーム (成分名:トリアムシノロアセニド) レダコートの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・トリシノロン ・ノギロン mild 中間の強さのステロイド) ・オイラゾン (成分名:デキサメタゾン) オイラゾンの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 年齢( ステロイド歴)と共に、強くなっていく方が多いです。 ステロイドの強さは強い種類となります。 ステロイドを使わない対策はコチラ ステロイドを止めたい方はコチラ 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。 strong(強いステロイド) ・フルコート軟膏 ・フルコートクリーム (成分名:フルオシノロンアセトニド) フルコートの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・フルポロン ・フルオシノロンアセトニド strong(強いステロイド) ・フルコートF軟膏 (成分:フルコートに 抗生物質が追加されたもの) フルコートFの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾール ・ケリグロール ・ノルコット ・ベクトミラン ・ベタメタゾン吉草酸エステル strong(強いステロイド) ・リンデロンVG軟膏 ・リンデロンVGクリーム (成分:リンデロンに 抗生物質が追加されたもの) リンデロンVの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 strong(強いステロイド) ・ベトネベート軟膏 ・ベトネベートクリーム (成分名:ベタメタゾン吉草酸エステル) ベトネベートの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾールG ・デキサンVG ・ベトノバールG ・ルリクールVG strong(強いステロイド) ・ベトネベートN軟膏 ・ベトネベートNクリーム (成分:ベトネベートに 抗生物質が追加されたもの) ベトネベートNの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 strong(強いステロイド) ・ボアラ軟膏 ・ボアラクリーム (成分名:デキサメタゾン吉草酸エステル) ボアラの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 ボアラもよく使われますが強めのステロイド剤になります。 strong(強いステロイド) ・メサデルム軟膏 ・メサデルムクリーム (成分名:デキサメタゾンプロピオン酸エステル) 特徴:局所残存時間が長い メサデルムの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルムサット ・プロメタゾン ・メインベート strong(強いステロイド) ・エクラー軟膏 ・エクラークリーム (成分名:デプロドンプロピオン酸エステル) エクラーの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アロミドン strong(強いステロイド) ・ベクラシン軟膏 ・ベクラシンクリーム (成分名:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル) ベクラシンの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ステロイドの強さはけっこう強めです。 症状に応じて、軽くなったら 下のランクに落とすことも大事です。 ステロイドを使わない対策はコチラ ステロイドを止めたい方はコチラ 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。 very strong(とっても強いステロイド) ・フルメタ軟膏 ・フルメタクリーム ・フルメタローション (成分名:モメタゾンフランカルボン酸エステル) フルメタの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・マイセラ ・フランカルボン酸モメタゾン very strong(とっても強いステロイド) ・アンテベート軟膏 ・アンテベートクリーム ・アンテベートローション (成分名:ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル) アンテベートの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アンフラベート ・サレックス ・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル very strong(とっても強いステロイド) ・リンデロンDP軟膏 ・リンデロンDPクリーム (リンデロンにはVとDPがあり強さが違います) (成分名:ベタメタゾンジプロピオン酸エステル) リンデロンの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾールDP ・ダイプロセル ・ディーピーポロン ・ヒズボット ・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル very strong(とっても強いステロイド) ・トプシム軟膏 ・トプシムクリーム (成分名:フルオシノニド) トプシムの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・グリコベース ・シマロン ・ソルニム ・フルオシニド very strong(とっても強いステロイド) ・マイザー軟膏 ・マイザークリーム (成分名:ジフルプレドナート) マイザーの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・サイベース ・ジフルプレドナート ・スチブロン very strong(とっても強いステロイド) ・ビスダーム軟膏 ・ビスダームクリーム (成分名:アムシノニド) ビスダームの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 very strong(とっても強いステロイド) ・ネリゾナ軟膏 ・ネリゾナクリーム ・テクスメテン (成分名:ジフルコルトロン吉草酸エステル) ネリゾナの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アルゾナ very strong(とっても強いステロイド) ・パンデル軟膏 ・パンデルクリーム (成分名:酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン) パンデルの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・イトロン ・ハーユロン ・酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 5) Strongest (最も強い) ステロイドの強さは5段階中で 一番強いランクです。 strongest(最も強いステロイド) ・デルモベート軟膏 ・デルモベートクリーム (成分名:クロベタゾールプロピオン酸エステル) デルモベートの強さは Strongestで、 ステロイドの強さは最上級MAXになります。 一番強いステロイド剤になります。 特徴:強力な抗炎症作用がある。 外用薬でも長期大量使用で、全身作用がある。 重大な副作用:眼圧亢進、白内障、緑内障 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・グリジール ・ソルベガ ・デルスパート ・デルトピカ ・マイアロン ・マハディ ・クロベタゾールプロピオン酸エステル strongest(最も強いステロイド) ・ダイアコート軟膏 ・ダイアコートクリーム ・ジフラール軟膏 ・ジフラールクリーム (成分名:ジフロラゾン酢酸エステル) ダイアコート、ジフラールの強さは Strongestで、 強さは最上級MAXになります。 一番強いステロイド剤になります。 特徴:強力な抗炎症作用がある。 外用薬でも長期大量使用で、全身作用がある。 重大な副作用:皮膚の細菌・真菌の感染、白内障、緑内障 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アナミドール ・カイノチーム ・ジフロラゾン酢酸エステル (補足) 病院では、ステロイドと混合して、処方される場合もあります。 ・ワセリン ・亜鉛華軟膏 などが、よく混合されます。 ステロイド剤 軟膏と クリームの違い 軟膏 ・ワセリンがベースとしてよく使われる。 ・ ベタベタするが 保湿性は高い ・鱗屑を軟化させ取り除く ・刺激性が少なく、紅斑、丘疹、びらんなどに使える クリーム ・ 塗り心地がよく、ベタベタしない。 ・配合剤の皮膚への 浸透性が良い ・ときに刺激になり、びらん、潰瘍など浸潤面には適さない 軟膏のベタベタするのが嫌という場合は クリームが処方される場合もあります。 ご注文の際に、当店で説明の際にお渡ししている「 アドバイス資料」を 一緒に入れてお送りしますので、ご安心してネットから商品を注文くださいませ。 私の娘も アトピーになって、今は 完治していますが、皆様と同じ悩みを経験しています。 我が家の対策や、当店のアトピー対策、アトピー情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。

次の

リンデロンa軟膏の強さと効能と副作用!顔のニキビにも効く?

リンデロンvg軟膏 顔

mild 中間の強さのステロイド) ・ロコイド軟膏 ・ロコイドクリーム (成分名:ヒドロコルチゾン酪酸エステル) ロコイドの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 初めて処方されるステロイド剤が ロコイドだったりします。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アボコート mild 中間の強さのステロイド) ・キンダベート軟膏 (成分名:クロベタゾン酪酸エステル) キンダベートの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 キンダベート軟膏も、ステロイドの 強さは 弱めなので、よく処方されます。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・パルデス ・キンダロン ・キングローン ・クロベタポロン ・クロベタゾン酪酸エステル mild 中間の強さのステロイド) ・アルメタ軟膏 (成分名:アルクロメタゾンプロピオン酸エステル) アルメタの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・タルメア ・ビトラ mild 中間の強さのステロイド) ・リドメックス軟膏 ・リドメックスクリーム ・リドメックスローション (成分名:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル) 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 リドメックスの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・スピラゾン ・ユーメトン ・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル mild 中間の強さのステロイド) ・レダコート軟膏 ・レダコートクリーム (成分名:トリアムシノロアセニド) レダコートの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・トリシノロン ・ノギロン mild 中間の強さのステロイド) ・オイラゾン (成分名:デキサメタゾン) オイラゾンの強さは mild(マイルド)で、 弱めのステロイドになります。 年齢( ステロイド歴)と共に、強くなっていく方が多いです。 ステロイドの強さは強い種類となります。 ステロイドを使わない対策はコチラ ステロイドを止めたい方はコチラ 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。 strong(強いステロイド) ・フルコート軟膏 ・フルコートクリーム (成分名:フルオシノロンアセトニド) フルコートの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・フルポロン ・フルオシノロンアセトニド strong(強いステロイド) ・フルコートF軟膏 (成分:フルコートに 抗生物質が追加されたもの) フルコートFの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾール ・ケリグロール ・ノルコット ・ベクトミラン ・ベタメタゾン吉草酸エステル strong(強いステロイド) ・リンデロンVG軟膏 ・リンデロンVGクリーム (成分:リンデロンに 抗生物質が追加されたもの) リンデロンVの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 strong(強いステロイド) ・ベトネベート軟膏 ・ベトネベートクリーム (成分名:ベタメタゾン吉草酸エステル) ベトネベートの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾールG ・デキサンVG ・ベトノバールG ・ルリクールVG strong(強いステロイド) ・ベトネベートN軟膏 ・ベトネベートNクリーム (成分:ベトネベートに 抗生物質が追加されたもの) ベトネベートNの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 strong(強いステロイド) ・ボアラ軟膏 ・ボアラクリーム (成分名:デキサメタゾン吉草酸エステル) ボアラの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 ボアラもよく使われますが強めのステロイド剤になります。 strong(強いステロイド) ・メサデルム軟膏 ・メサデルムクリーム (成分名:デキサメタゾンプロピオン酸エステル) 特徴:局所残存時間が長い メサデルムの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルムサット ・プロメタゾン ・メインベート strong(強いステロイド) ・エクラー軟膏 ・エクラークリーム (成分名:デプロドンプロピオン酸エステル) エクラーの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アロミドン strong(強いステロイド) ・ベクラシン軟膏 ・ベクラシンクリーム (成分名:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル) ベクラシンの強さは Strong(強い)で、 強さは上から3番目になります。 強めのステロイド剤になります。 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ステロイドの強さはけっこう強めです。 症状に応じて、軽くなったら 下のランクに落とすことも大事です。 ステロイドを使わない対策はコチラ ステロイドを止めたい方はコチラ 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。 very strong(とっても強いステロイド) ・フルメタ軟膏 ・フルメタクリーム ・フルメタローション (成分名:モメタゾンフランカルボン酸エステル) フルメタの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・マイセラ ・フランカルボン酸モメタゾン very strong(とっても強いステロイド) ・アンテベート軟膏 ・アンテベートクリーム ・アンテベートローション (成分名:ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル) アンテベートの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アンフラベート ・サレックス ・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル very strong(とっても強いステロイド) ・リンデロンDP軟膏 ・リンデロンDPクリーム (リンデロンにはVとDPがあり強さが違います) (成分名:ベタメタゾンジプロピオン酸エステル) リンデロンの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・デルモゾールDP ・ダイプロセル ・ディーピーポロン ・ヒズボット ・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル very strong(とっても強いステロイド) ・トプシム軟膏 ・トプシムクリーム (成分名:フルオシノニド) トプシムの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・グリコベース ・シマロン ・ソルニム ・フルオシニド very strong(とっても強いステロイド) ・マイザー軟膏 ・マイザークリーム (成分名:ジフルプレドナート) マイザーの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・サイベース ・ジフルプレドナート ・スチブロン very strong(とっても強いステロイド) ・ビスダーム軟膏 ・ビスダームクリーム (成分名:アムシノニド) ビスダームの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 very strong(とっても強いステロイド) ・ネリゾナ軟膏 ・ネリゾナクリーム ・テクスメテン (成分名:ジフルコルトロン吉草酸エステル) ネリゾナの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アルゾナ very strong(とっても強いステロイド) ・パンデル軟膏 ・パンデルクリーム (成分名:酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン) パンデルの強さは Very Strongで、 強さは上から2番目になります。 強いステロイド剤になります。 特徴:アンテドラックなので、皮膚から体内に吸収された後は不活化するため全身性の副作用が少ない。 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・イトロン ・ハーユロン ・酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 5) Strongest (最も強い) ステロイドの強さは5段階中で 一番強いランクです。 strongest(最も強いステロイド) ・デルモベート軟膏 ・デルモベートクリーム (成分名:クロベタゾールプロピオン酸エステル) デルモベートの強さは Strongestで、 ステロイドの強さは最上級MAXになります。 一番強いステロイド剤になります。 特徴:強力な抗炎症作用がある。 外用薬でも長期大量使用で、全身作用がある。 重大な副作用:眼圧亢進、白内障、緑内障 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・グリジール ・ソルベガ ・デルスパート ・デルトピカ ・マイアロン ・マハディ ・クロベタゾールプロピオン酸エステル strongest(最も強いステロイド) ・ダイアコート軟膏 ・ダイアコートクリーム ・ジフラール軟膏 ・ジフラールクリーム (成分名:ジフロラゾン酢酸エステル) ダイアコート、ジフラールの強さは Strongestで、 強さは最上級MAXになります。 一番強いステロイド剤になります。 特徴:強力な抗炎症作用がある。 外用薬でも長期大量使用で、全身作用がある。 重大な副作用:皮膚の細菌・真菌の感染、白内障、緑内障 ジェネリック医薬品(同じ成分で名前の違う薬) ・アナミドール ・カイノチーム ・ジフロラゾン酢酸エステル (補足) 病院では、ステロイドと混合して、処方される場合もあります。 ・ワセリン ・亜鉛華軟膏 などが、よく混合されます。 ステロイド剤 軟膏と クリームの違い 軟膏 ・ワセリンがベースとしてよく使われる。 ・ ベタベタするが 保湿性は高い ・鱗屑を軟化させ取り除く ・刺激性が少なく、紅斑、丘疹、びらんなどに使える クリーム ・ 塗り心地がよく、ベタベタしない。 ・配合剤の皮膚への 浸透性が良い ・ときに刺激になり、びらん、潰瘍など浸潤面には適さない 軟膏のベタベタするのが嫌という場合は クリームが処方される場合もあります。 ご注文の際に、当店で説明の際にお渡ししている「 アドバイス資料」を 一緒に入れてお送りしますので、ご安心してネットから商品を注文くださいませ。 私の娘も アトピーになって、今は 完治していますが、皆様と同じ悩みを経験しています。 我が家の対策や、当店のアトピー対策、アトピー情報が皆様のお役に立てれば幸いです。 【 当店お勧めスキンケア方法】 メーテクリーム、 メーテローションで保湿する。 (セットで14,960円) 痒みがある場合 チェリメントAG軟膏追加。 (3,960円) 肌のただれ、湿疹がある場合 赤色ワグラス軟膏を追加。 (1,540円) お悩みの方はネット通販でお求めできますので、ぜひ試してみてください。

次の

リンデロンVG軟膏0.12%について前に、日焼けしちゃって皮膚科に行ったらリンデ...

リンデロンvg軟膏 顔

関連記事 ニキビの種類には、角栓や汚れで毛穴が詰まってできる「白ニキビ」、それが酸化して黒くなっている「黒ニキビ」、炎症が起こって赤くなっている「赤ニキビ」、さらに悪化して膿が溜まっている「黄ニキビ」があります。 顔ニキビの原因は、ヒトの体に存在する常在菌であるアクネ菌です。 ニキビは毛穴が詰まることによってできますが、アクネ菌は空気に触れることを嫌がるため、詰まった毛穴の奥は絶好の住み処になります。 アクネ菌が毛穴の奥に住み着くと、毛穴が炎症を起こして赤ニキビができます。 赤ニキビが悪化すると黄ニキビになりますが、黄ニキビの原因は黄色ブドウ球菌です。 黄色ブドウ球菌も、アクネ菌と同様に常在菌で、肌が健康な状態であれば何も悪さはしません。 しかし、ニキビの炎症が起こると黄色ブドウ球菌が集まってアクネ菌の動きを活発にし、炎症を悪化させます。 そのため炎症部分は膿を持って晴れ上がり、赤ニキビを通り越して黄ニキビになってしまいます。 実は、リンデロンVG軟膏はニキビの症状にはあまり処方されません。 ニキビに対してステロイド剤の使用は基本的には推奨されていないことも背景にあります。 リンデロンVG軟膏はステロイドと抗生物質が合成されている薬です。 ステロイドは炎症を抑える作用があるため、ニキビの中でも、赤ニキビや黄ニキビの炎症を起こした部分に効果を発揮するケースもあります。 しかし、リンデロンVG軟膏に含まれる抗生物質のゲンタマイシンはニキビの原因となるアクネ菌(嫌気性菌)に効果はありません。 また、ステロイドの作用によって免疫低下を引き起こし、ニキビの原因菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌をかえって増やしてしまう可能性も考えられます。 そのため、ニキビの症状にリンデロンVG軟膏が第一に処方されることはあまり無いのです。 ステロイド剤は症状に合わせて正しく使用される必要があるため、まずは医師の診察を受けることをおすすめします。 リンデロンVGは顔に使える? リンデロンは顔に使うこともできます。 ただし、使用する部位や症状については医師の診察の元で指示を守ってください。 また、眼科用には使用できません。 リンデロンVG軟膏の2つの成分ですが、ひとつは、ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイド、もうひとつはゲンタマイシン硫塩酸という抗生物質です。 ステロイドは副腎皮質ホルモン剤で抗炎症作用や免疫抑制作用があります。 抗生物質のゲンタマイシンには殺菌作用があります。 ミナカラおくすり辞典 病院や皮膚科に行く時間がない時、リンデロンVGとほとんど同じ効果の薬をドラッグストアやインターネットで買うことができます。 リンデロンVGとは抗生物質の種類が異なりますが、ほぼ同じ作用をします。 ベトネベートN軟膏ASも、リンデロンVGと同じステロイド外用剤です。 漫然と使用しないようにしましょう。 使用の際は添付の文章を確認し、不明なことがあれば薬剤師に相談してください。 症状の改善が見られない場合や、異常を感じた場合はすぐに医師の診察を受けましょう。 ベトネベートN軟膏ASについて、詳しくはこちらをごらんください。 ミナカラおくすり辞典: おわりに ニキビには人それぞれの原因・症状があるので、リンデロンVG軟膏が家にあるからといって自己判断で使用することは絶対にやめましょう。 ニキビでお悩みの場合は、まずは皮膚科に相談して、自分の症状にあった薬を処方してもらいましょう。

次の