胆嚢 ポリープ 消える。 【これで私は助かった!】胆のうポリープ放置したら“がん”に!

胆嚢ポリープの症状や原因、治療方法とは?

胆嚢 ポリープ 消える

スポンサーリンク 胃ポリープはいわゆる胃の中にできたおできのようなもので、おできというと、よく顔や体にできても知らないうちに消えてしまったりするものです。 そう考えると、胃ポリープも自然に消失するということはあり得るのでしょうか。 胃ポリープは自然に消える? 胃ポリープの自然消失は、実際に経験したことがある方もいるかもしれません。 例えば、昨年の健康診断で胃ポリープがあることがわかっていたけれど、翌年受けた 健康診断ではポリープが消失していたということもあるようです。 ただ、これはポリープの種類によっても異なるようです。 胃底腺ポリープというポリープは、小さくて白い形状をしており、 自然に消える良性のポリープで、胃がんになりにくいと言われています。 次に、過形成ポリープというものは、がんになる可能性は低いのですが、ピロリ菌の存在と関係があるようで、それによって大きくなり出血する可能性があるようです。 この ポリープについては、消失することはないと考えられています。 腺腫性ポリープというものが注意が必要で、このポリープの半数ががん化すると考えられています。 このポリープについても自然に消失することはないでしょう。 スポンサーリンク ポリープのできる場所で消失するかは異なる? 実際ポリープのできる場所によって消失するかしないかは大差はないのですが、 胃の内容物が通過する際にそのポリープが障害になるかどうかで異なるようです。 例えば頻繁に胃の内容物とポリープが接触する場合については、ポリープが出血しやすくなり、それによって自然消失する可能性も低いですが、胃の中で特に影響の少ない箇所にできたポリープについては、そのまま放っておいても自然になくなりやすいようです。 ちなみに、胃薬や注射などをすることによって胃のポリープを手術せずに消失させるということは現在の医学では不可能と考えられています。 そのため、 良性のポリープであっても気になる方は手術にて切除を選択すべきでしょう。 スポンサーリンク -.

次の

【これで私は助かった!】胆のうポリープ放置したら“がん”に!

胆嚢 ポリープ 消える

初めまして。 32歳、子ども(2歳)ありの専業主婦です。 先日、健康診断を受けたところ、超音波検査で胆嚢にポリープがある と言われてしまいました。 2つは自分でも見えたので、おそらく コレステロールポリープと呼ばれるものだと思います。 不安になり、インターネットで調べた結果、大抵の場合は経過観察で 良い、気にすることはないとのことですが、未だに不安でいっぱいです。 自然治癒することがないということも、かなり不安です。 2歳の娘と一緒にいても、この子が大きくなる前に私は死んでしまう のでは、と、とても憂鬱な気持ちになり、泣きたくなります。 同じような経験をお持ちの方、日常で気をつけていることなど ありましたら、お教えください。 ユーザーID: 6748608227 なんかみぞおちの横あたりにいやーな鈍痛がして、超音波で調べたら胆のうの中に何かありました。 白い影が何個かあって、普通胆石だと光って見えるので、コレステロールポリープだろうということで経過観察10年。 全然大きくならないので放置していたのですが、やはり年に数回、我慢できないほどではないのですが、鈍痛が数日つづくことがありました。 どうも脂っこいものを食べ過ぎると痛くなるようでした。 「痛くならなければこのままでもいいかもしれないが、痛くなるのだったらもう取ってしまおう」ということになり、内視鏡手術で胆のう取っちゃいました。 コレステロールポリープでなくて石でした。 しかもみんなのと違って、さめた溶岩のようなごつごつもやつ。 だから光って見えなかったようです。 癌だったら成長しますから、必ず定期的に検査を受けましょう。 大きくなったら取ればいいんです。 私はその後のどにコレステロールポリープできていたので取りました。 これは胃の検査で胃カメラをやったときに、見つかったもので胃の検査をしなけばわからなかったわけです。 黒子やイボと同じと思って思いつめないほうが良いですよ。 ユーザーID: 9409466682• 健康ランキング• あります(忘れてたー) うーーーん 未知のものに対して恐怖心がわくのは仕方のないことですが、 死んでしまうというのは、、、ちょっとあきれて言葉がでません。 重病で苦しんでいる人もたくさんいるのに、胆嚢にポリープで死んでしまうなんて。 インターネットで調べた結果、気にすることはないとわかったのでしょう? これ以上どうすれば良いのかしら? 胆嚢はなくても大きな支障はない機能です。 もちろんあったほうが良いですが。 私もそうですが、たくさんの人が胆石などで胆嚢を取ってしまっています。 胆嚢ポリープでどうこうなることはないですし、ましてや死ぬことは絶対にありませんので。 ユーザーID: 7385253134• 1年後に消えました 10年程前に、私も同様の診断を受けました。 その後腹痛が多くなり、結果として「腹腔鏡手術」にて、胆のうを取り除きました。 手術後は、何ら痛みも無く、健康な生活をしています。 ここで提案したい事は、「手術中のビデオを病院からもらう」事です。 私の場合は、手術日を決める際に、医師に依頼し、病院内の許可を医師に取ってもらいました。 退院日にVHSテープにダビングされた映像をもらいました。 帰宅後、ビデオデッキに入れ、手術模様を見させて頂きました。 本来「自分のお腹の中」は、見る事が出来ないものですが、文明のちからで、見る事ができ、不思議な感覚を持ちました。 主さんに提案です。 1.不安が有るので有れば、悪化する前に処置する方が良いでしょう。 2.もし手術するのなら、ビデオをもらうと記念にもなります。 お子さまのためにも、決断しては? ユーザーID: 7342027119• まったく同じです 44歳、中学生2人・年長児の母です。 私も先日大腸内視鏡検査に行った際、ついでに腹部エコーをしましょうと ついでにやった検査で胆のうにポリープと腎臓に結石とのう胞がありました。 ついでの検査でいろいろわかったのでホントにショックです。 今までなんの自覚症状もなかったんで余計です。 私の場合、すでに7ミリとか・・・ 1センチになるころには切除したほうがいいといわれていますが、血液検査の腫瘍マーカーではかなりひくい値なので 今のところ経過観察です。 とはいえ、大きくなるのが怖いです。 1センチを待たずに 疑わしきは取ってしまえ! とも思うのですが、たとえ数日でも入院すると子供たちが困るので、やはり経過観察になりますね。 肝心の大腸内視鏡は、予約待ちで まだ検査を受けれていないのに、こんなに気分がブルーなんて・・・ もうついでに胃の内視鏡や子宮頸がん体がんの検査もやっちゃおうかとも考えています。 思わぬ病気発見にいろいろ考えさせられています。 主さんも私も、「健康診断で発見できてよかった!」と思うようにしましょうよ! ユーザーID: 6249082553• 仕事で、ポリープや癌をみていますが 35歳で出産。 その1ヶ月後の子どもの定期検診で急性胆嚢炎で胆嚢を取った者です。 同じ大学病院で子どもは1ヶ月検診、私は外科で胆嚢摘出手術しました。 ちなみに胆石が原因でしたが、胆嚢はなくても全然健康ですよ。 最初の一年は油っこいものを食べるとお腹をこましてましたが。 そんなに心配しないでも大丈夫ですよ。 定期検診してれば。 最悪、私のように取っちゃっても全然問題ないです。 人間の体ってすごいなぁ〜と思うのが、胆嚢がなければないなりの状態になっちゃうってこと。 お子さんが小さいから余計に心配されていることと思いますが、心配しすぎて神経をすり減らすなんてそれこそもったいない!お医者様の判断をあおって元気に前向きに過ごしてくださいな。 我が子は今年で11歳になりますよ! ユーザーID: 7205102741• 大丈夫ですよ ご意見を下さった皆様、本当にありがとうございます。 気にすることないとの励まし、大袈裟だとのお叱り、そして皆様の貴重な経験談、 ご回答下さった全ての皆様のおかげで、曇っていた心に光が差しました。 緊張していた心がほぐれたのか、涙しながら読ませていただきました。 ポリープが自然消滅することもあるのだと希望が持てましたし、たとえ胆嚢を 切除することになっても健康に暮らせるのだという生の声を聞かせていただき、 不安と焦りでいっぱいだった気持ちが落ち着きました。 子どもが二歳になり子育ての疲れが体に出たのか、後頭神経痛と卵巣のう腫の再発 (経過観察中)も重なって、何となく体調の悪い日々が続いたので、気持ちがとても 落ち込んでしまっていました。 それぞれの症状は今のところ決して重くはないので、皆様の意見を参考に、日々の 健康管理に留意しながら、気にしすぎずクヨクヨせずに、おおらかな気持ちで 子育てに励みたいと思います。 皆様、本当にありがとうございました。 ユーザーID: 6748608227• 検診のいいチャンスですよ.

次の

胃ポリープ良性でも治療しなくても完全に消えたり治るのか?

胆嚢 ポリープ 消える

スポンサーリンク 胆のうは、肝臓で作られた胆汁から水分を除去して、その濃度を高めるために働いている臓器です。 胆汁にはコレステロールが含まれているのですが、このコレステロールの量が多すぎると、胆のう内で結晶化することがあります。 そして結晶化したコレステロールは胆石となって、胆管に詰まることで痛みを生じさせます。 そしてこのコレステロールの結晶は、しばしば胆のう内にくっつくことがあります。 これが胆のうポリープで、胆石のようにコロコロと転がらないので、胆管に詰まることもありません。 痛みも生じないので、つまりは自覚症状がないということです。 胆のうポリープには、このコレステロールが結晶化したもの以外に、腫瘍性のものもあります。 この場合は、コレステロールの結晶がくっつくのではなく、胆のうの内部自体が膨らみます。 良性のものだと大きくなることは少ないのですが、悪性だとどんどん大きくなっていくので、手術で摘出することが必要になります。 スポンサーリンク ところがコレステロールによる胆のうポリープの場合、特に切除をしなくても、自然に消えることがあります。 腫瘍性のものと異なり、異物がくっついているだけですから、何かの拍子にはがれ落ちることがあるのです。 はがれ落ちた胆のうポリープは、胆石と同じように、胆のう内を転がります。 そして胆管に詰まれば、やはり痛みを生じることになります。 ところが、数ミリ程度のごく小さなものの場合、胆管に詰まることなく、胆汁と一緒に流れていきます。 まずは十二指腸ですが、そこからさらにどんどん流れていき、やがては体外に排出されていきます。 また、胆管を通過できないような大きさになっていても、薬で溶かしたり超音波で砕いたりして、小さくすることが可能です。 すると、やはり自然に体外に排出されていくことになります。 このように胆のうポリープのうちコレステロールでできているものは、自然に消えていったり、適切な処置によってそれを促したりすることができるのです。 スポンサーリンク.

次の