トップ ナイフ 最終 回。 トップナイフ10話・最終回の無料フル動画はdailymotion・pandoraで見逃し配信の視聴できる?3/14|SNOPOMMEDIA

トップナイフ 最終回10話ネタバレあらすじと感想 評判!~お母さんは宇宙人?~最終話―天才脳外科医の条件―|ドラマ情報サイトのドラマイル

トップ ナイフ 最終 回

「トップナイフ」最終話視聴率 「トップナイフ」最終話が放送されました。 気になる視聴率は、発表され次第報告します! 里美は脳に腫瘍がある。 とても繊細なオペになる。 3人のトップナイフが担当することになった。 「トップナイフ」最終話あらすじ いよいよ 今出川 いまでがわ(三浦友和)の妻・ 里美 さとみ(有森也実)のオペが始まろうとしていた。 まずは 西郡 にしごおり(永山絢斗)と 幸子 さちこ(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。 今出川も参加し、順調にオペが進むが……。 一方、 深山 みやま(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・ 徹 とおる(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。 しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!! 出展: そんなに立派な医者じゃない 事故にあった徹は、母・良美に会いたがらなかった。 学校に行かないことで揉み合いになって落ちてしまった。 「あの人は、本当のお母さんじゃない。 あの人は、宇宙人だ。 」 写真を見せて認識できるかどうか確認する。 カプグラ妄想にかかっていた。 オペが無事に終わった里美は、まだ目覚めることはなかった。 「この家に来てよかったと思ってる。 お母さんに嫌われてるって、ずっと思ってたんだよね。 」 真実は、母親を誤解していたことが分かっただけでも幸せだった。 そんなに立派な医者じゃない。 どんなことにも逃げずにきた。 深山は、その誇りだけは持っていた。 母親が宇宙人? 徹は、母親の顔を剥がそうとした。 中から宇宙人が出てくるんじゃないか?お母さんは、僕のところに全然来てくれない。 脳が混乱していた。 「あの子がお腹にいるときに、浮気が分かったんです。 いろいろあって、どうしても許せなくて。 ひとりで生む決心をしました。 」 真実を返して欲しい。 父親が迎えに来る。 無理やり連れ戻すことはできない。 どうするべきなのかは、真実が決めることだった。 徹が倒れてしまう。 緊急オペを行うことになった。 真実の覚悟 「お母さん、私決めた。 もう逃げない、絶対。 自分のことは全部、自分で引き受ける。 さよなら。 」 真実は、自分の家に帰って行った。 里美が目を覚ました。 「里美、目が覚めたのか?帰ってきてくれたのか?」 徹のオペは、無事に終わった。 「お母さん、お母さん。 お母さん。 」 深山は、部長になることを決めた。 歓迎パーティーが行われるが、緊急事態が起こってしまう。 どっちの子 とおる君と真実 も 母親をうっとおしく思ってたけど 最後には素直になって成長する。 初回から最終回まで 必ず2つの症例があったけど ちゃんと共通してたわ。 脚本家素晴らしい! — 🌹Emiko🌹 akinaseiko 天海祐希が好きなので毎週見てたけど、最終回が一番微妙だったなぁ…。 タイトルにあわせて天才感欲しかったなぁ。 1話に2エピソード入れるのは斬新だったけど、とっちらかった印象も。 黒岩先生と息子の話がピークだった。

次の

トップナイフ

トップ ナイフ 最終 回

「トップナイフ」最終話視聴率 「トップナイフ」最終話が放送されました。 気になる視聴率は、発表され次第報告します! 里美は脳に腫瘍がある。 とても繊細なオペになる。 3人のトップナイフが担当することになった。 「トップナイフ」最終話あらすじ いよいよ 今出川 いまでがわ(三浦友和)の妻・ 里美 さとみ(有森也実)のオペが始まろうとしていた。 まずは 西郡 にしごおり(永山絢斗)と 幸子 さちこ(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。 今出川も参加し、順調にオペが進むが……。 一方、 深山 みやま(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・ 徹 とおる(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。 しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!! 出展: そんなに立派な医者じゃない 事故にあった徹は、母・良美に会いたがらなかった。 学校に行かないことで揉み合いになって落ちてしまった。 「あの人は、本当のお母さんじゃない。 あの人は、宇宙人だ。 」 写真を見せて認識できるかどうか確認する。 カプグラ妄想にかかっていた。 オペが無事に終わった里美は、まだ目覚めることはなかった。 「この家に来てよかったと思ってる。 お母さんに嫌われてるって、ずっと思ってたんだよね。 」 真実は、母親を誤解していたことが分かっただけでも幸せだった。 そんなに立派な医者じゃない。 どんなことにも逃げずにきた。 深山は、その誇りだけは持っていた。 母親が宇宙人? 徹は、母親の顔を剥がそうとした。 中から宇宙人が出てくるんじゃないか?お母さんは、僕のところに全然来てくれない。 脳が混乱していた。 「あの子がお腹にいるときに、浮気が分かったんです。 いろいろあって、どうしても許せなくて。 ひとりで生む決心をしました。 」 真実を返して欲しい。 父親が迎えに来る。 無理やり連れ戻すことはできない。 どうするべきなのかは、真実が決めることだった。 徹が倒れてしまう。 緊急オペを行うことになった。 真実の覚悟 「お母さん、私決めた。 もう逃げない、絶対。 自分のことは全部、自分で引き受ける。 さよなら。 」 真実は、自分の家に帰って行った。 里美が目を覚ました。 「里美、目が覚めたのか?帰ってきてくれたのか?」 徹のオペは、無事に終わった。 「お母さん、お母さん。 お母さん。 」 深山は、部長になることを決めた。 歓迎パーティーが行われるが、緊急事態が起こってしまう。 どっちの子 とおる君と真実 も 母親をうっとおしく思ってたけど 最後には素直になって成長する。 初回から最終回まで 必ず2つの症例があったけど ちゃんと共通してたわ。 脚本家素晴らしい! — 🌹Emiko🌹 akinaseiko 天海祐希が好きなので毎週見てたけど、最終回が一番微妙だったなぁ…。 タイトルにあわせて天才感欲しかったなぁ。 1話に2エピソード入れるのは斬新だったけど、とっちらかった印象も。 黒岩先生と息子の話がピークだった。

次の

トップナイフ|最終回 ネタバレ*感想【深山と真実の別れ】|Lyfe8

トップ ナイフ 最終 回

ついに最終話を迎えた『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)。 その最終話にしてようやく、孤高の天才脳外科医たちを取り巻く「家族」との関係性にメスが入る。 模索しながらも、個々にとっての最適な答えを導き出そうとする人々の葛藤と決意。 なかでもエモーションを残すのは、本作の主人公・深山瑤子(天海祐希)とその娘・真実(桜田ひより)が歩むことになった別々の道だろう。 家から出てくる母親を娘は待ち伏せして驚かそうとするも、「仕事」への道筋を一直線に伸ばしてしまった母親はその健気な存在に目も暮れることなく、遠くのほうへと走り去っていってしまう。 真実が抱える「お母さんは私のことが嫌いなんじゃないか」というトラウマは、別々の世界に生きているのだと痛感させられたこの幼少期の体験に端を発していた。 そんな膠着した関係も、真実が深山の家に転がり込むことで徐々に融解していき、ごく一般的な母と娘らしい姿を見せるようにもなっていく。 しかしながら、ふたりの距離が近づけば近づくほど、深山が家族を省みることの限界点を知ることになるし、真実はずっと逃げてきた自分の問題に立ち向かう必要に迫られていく。 まずは真実の義母が、その次には真実の父親が病院に訪れ、「真実を返してほしい」と深山に訴えるだろう。 娘から声をかけられても気にも留めなかったあの頃とは明らかな対比があり、深山は急ぎながらも耳を傾ける余裕ができている。 それでいて彼女は言う、「どうするかはあの子が決める。 (真実の生き方は)私が決めることじゃない」と。 深山はもう若くて仕事で精一杯だったころの母親ではないし、真実ももう子どもではない。 お互いが相手の生 き方を尊重しながら、よりよい関係性を模索していけるフェーズに突入している。 「お母さん! わたし決めた。 もう逃げない、絶対。 自分のことは全部自分で引き受ける。 さようなら!」深山を引き止めた真実はそう朗らかに言ってみせ、あの時とは逆に今度は彼女のほうが一度も振り返ることなく、深山とは別の方向に向かって力強く歩いていく。 あれだけスッキリした顔をしていたのだから、彼女たち母娘にとってはこれが正しい選択であったに違いない。 家族はときに迷い、立ち止まりながらも、ついに自分たちらしい関係性に巡り合う。

次の