秋吉 久美子 ブログ。 秋吉久美子 ひとひらの雪 Hシーン動画: 秋吉久美子 ひとひらの雪 Hシーン動画

秋吉久美子 ひとひらの雪 Hシーン動画: 秋吉久美子 ひとひらの雪 Hシーン動画

秋吉 久美子 ブログ

1 1 3 2 4 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 4 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 0 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 さすが、「元祖プッツン女優」だ。 やることがいちいち並の人間のド肝を抜く。 今度は実の息子よりも年下の日系男性と結婚だという。 しかも、同じ男性と2度目の結婚というから、秋吉久美子(52)の面目躍如である。 相手の男性は日系2世の映像クリエーター、グレンさん(26)。 04年12月、1度目の入籍を果たし、わずか半年余りで離婚。 母の病気、他界など秋吉には不安定な日々が続いたが、一段落ついた昨年2月、グレンさんと再婚していた。 「年下日系人」と聞いて、「数年前に沖縄で同棲していた相手」と早合点した読者もいると思うが、あの男性とは別人。 また、「実の息子より年下」と聞いて、「そんな子供、いたんだっけ?」と驚くムキも多いのではないか。 まず最初の結婚は79年。 相手はフォークグループ「青い三角定規」の元メンバーだった岩久茂氏(現・作曲家)だ。 草刈正雄や矢沢永吉らと浮名を流した後、たどり着いたのが5歳年上の岩久氏だった。 結婚生活中、藤井フミヤやホストらとの交際が騒がれ、89年に離婚。 直後に、5歳年下の空間プロデューサー・山本コテツ氏が現れた。 入籍こそしなかったが、息子も交えた3人暮らしを隠すふうもなく、秋吉自身もマスコミの取材に「ハッピーな関係」などと認めていた。 案の定、「ハッピーな関係」もほどなく終了。 ここで登場したのが、今度の新郎と混同されがちな17歳年下の白人男性・ポール氏だ。 97年頃に知り合って意気投合。 仕事のあるときは東京と沖縄を往復。 もちろん、そんな不自然な生活が長く続くはずもなく、02年に破局。 一説によると、ポール氏の浪費癖に秋吉が愛想をつかした、ともいわれた。 その2年後に知り合ったのがグレン氏だったというわけだ。 誤解されることも多いが、それだけ女優業と真剣に向き合っている証拠。 今度の相手は「本物」か。

次の

秋吉久美子: アイドル ジャニーズ 芸能人 スポーツ あれこれ

秋吉 久美子 ブログ

実家に戻ってしまった売れない元アイドル役の坂井が、実家の町まで追いかけてきたマネジャーで元夫のに安旅館で復縁を迫られるシーンが「本物すぎる」と話題になったものだ。 とにかく、なし崩し的にセックスまでに至るプロセスが超リアル。 坂井の三十路乳房 当時 露出も生唾ものだが、コタツの横で、お互いクンニとフェラチオで盛り上がり、本格的な汗だくセックスも手抜きナシ。 すえた匂いすら醸し出す。 正常位から両足を抱え上げられ、より奥までブスリと挿入されるまでの丹念な性描写がタマらない。 「まだ、ちゃんと勃ってないじゃない」 なんて、腐れ縁男女じゃないと出てこない名セリフではないか。 ベテラン女も負けてはいない。 10代の頃から脱ぎは当たり前だった 64。 25年ぶりに再会した男女が再び燃え上がる官能作で、秋吉はと申し分ないほどSEXしまくる。 互いに全裸の中、体がワナワナと砕けてたまらないわ、という感じの秋吉の腰使いは実にエロい。 「この年の私のベストワン作ですからね。 五十路でここまで見せるスゴさに感服しましたね」 前出・秋本氏 さて、2010年代ではどうか。 昼は女医、夜はSM嬢という2つの顔を持つヒロインに扮した壇蜜が、仮面をした3人のVIP客に凌辱の限りを尽くされるシーン。 緊縛され、吊るされ、M字開脚され、ロウソク責めに遭う。 最終的には4Pセックスまで受け入れるのだ。 壇蜜の淫靡な全裸ボディーが激しい責めにきしみ、悲鳴を上げるあたりゴクリ生唾もの。 彼女の家の裏に住む変質者の自宅の地下室に1カ月も拉致監禁され、SM調教を加えられる受難の美少女役に体当たりであった。 なおも服従しない彼女に緊縛、鞭打ち、ベルト打ち! 容赦のない責めに、最高に形のいい乳房がミミズ腫れ。 その痛々しさはハンパなく、傷痕やアザはモノホンか、と思うほどリアル。 たいていの男が抱く歪んだ妄想そのものを具現化した迫力は圧倒的だった。 門脇は最初はおどおどしているが、乱交の雰囲気に慣れてくると本性が剥き出しになり、全編ヤリまくり。 当然、全裸も厭わない。 素っ裸でファックざんまいのツワモノとなる。 「とのからみは特に圧巻で、背面騎乗位シーンはガチでイキまくって、本気汁を溢れさせているとしか思えない表情でした」 映画ライター 明日に続く あわせて読みたい•

次の

秋吉久美子 息子って最近、、

秋吉 久美子 ブログ

1 1 3 2 4 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 4 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 0 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 さすが、「元祖プッツン女優」だ。 やることがいちいち並の人間のド肝を抜く。 今度は実の息子よりも年下の日系男性と結婚だという。 しかも、同じ男性と2度目の結婚というから、秋吉久美子(52)の面目躍如である。 相手の男性は日系2世の映像クリエーター、グレンさん(26)。 04年12月、1度目の入籍を果たし、わずか半年余りで離婚。 母の病気、他界など秋吉には不安定な日々が続いたが、一段落ついた昨年2月、グレンさんと再婚していた。 「年下日系人」と聞いて、「数年前に沖縄で同棲していた相手」と早合点した読者もいると思うが、あの男性とは別人。 また、「実の息子より年下」と聞いて、「そんな子供、いたんだっけ?」と驚くムキも多いのではないか。 まず最初の結婚は79年。 相手はフォークグループ「青い三角定規」の元メンバーだった岩久茂氏(現・作曲家)だ。 草刈正雄や矢沢永吉らと浮名を流した後、たどり着いたのが5歳年上の岩久氏だった。 結婚生活中、藤井フミヤやホストらとの交際が騒がれ、89年に離婚。 直後に、5歳年下の空間プロデューサー・山本コテツ氏が現れた。 入籍こそしなかったが、息子も交えた3人暮らしを隠すふうもなく、秋吉自身もマスコミの取材に「ハッピーな関係」などと認めていた。 案の定、「ハッピーな関係」もほどなく終了。 ここで登場したのが、今度の新郎と混同されがちな17歳年下の白人男性・ポール氏だ。 97年頃に知り合って意気投合。 仕事のあるときは東京と沖縄を往復。 もちろん、そんな不自然な生活が長く続くはずもなく、02年に破局。 一説によると、ポール氏の浪費癖に秋吉が愛想をつかした、ともいわれた。 その2年後に知り合ったのがグレン氏だったというわけだ。 誤解されることも多いが、それだけ女優業と真剣に向き合っている証拠。 今度の相手は「本物」か。

次の