ゴルフ スイング 切り返し。 トップからの切り返しはゆっくりが正解ではありません!

スクワットをゴルフスイングの切り返しに取り入れよう!タイミングとコツは??

ゴルフ スイング 切り返し

ダウンスイングの切り返しのタイミング 捻転して、トップスイングで左肩が顎下に入って、これ以上は捻転できないというのがあるはずです。 それが、もっとも深い捻転ができており、トップスイングが作られている状態です。 その時に、左肩がアゴ下に入っており、右肩は後頭部の方まで回転している状態を意識して、 胸が飛球線とは逆を向いて、背中が飛球線方向を向いているようなトップスイングが作られたときこそがダウンスイングの切り返しタイミングです。 もうひとつ、トップスイングをつくったときに、ゴルフクラブの重さを感じない程に持ち上がった状態が切り返しのタイミングだという人も居ます。 無理してトップスイングを作る必要はありませんし、無理して腕(ゴルフクラブ)を高い位置に持ち上げる必要もありません。 ダウンスイングを開始する順番 1 下半身 2 腕(二の腕) 3 手(手元) 4 ゴルフクラブ 上述した 1 ~ 4 という動作は、大雑把でザックリしています。 結局のところ、身体のどこから動かすのか? 下半身先行とは、下半身のどこから動かすのかが知りたいはずなので、次はそれを説明します。 だから、下半身のどこから動かすの? ウェイトシフト(体重移動)を行うにあたっても、先に左脚の踏み込みを行うことが必要となります。 左脚を踏み込むことで、身体の捻じれ戻しを行うことができます。 また、その動作のひとつとしてバンプ(平行移動)があります。 左脚踵を上げている場合は、左脚の踏み込みから初めて、左の壁を作っておいて、右膝を飛球線方向に向けていくことで、下半身先行のスイングをすることができます。 最近、私が読み返しているジム・マクリーンの書籍では、ウェイトシフト(体重移動)から始まると説いてます。 その動作は以下の通りとなります。 これを実現するには、以下の動作が必要となります。 1 左ひざを目標方向に動かす 2 右ひざをボール方向に動かす 3 右脚の内側で地面を蹴るように押す 4 左腰を横にスライドする スイング切り返しのキッカケは左膝から トップスイングからダウンスイングへの切り返しのキッカケは左膝からです。 左膝を飛球線方向、目標方向に向けて動かすことで、自然と左足で踏ん張ろうとします。 左の壁が作られます。 そして、右膝を目標方向に向けることで、腰が回旋していきます。 ここでは、ジム・マクリーンの理論をかりているので、腰が平行移動していくという言葉で表現します。 平行移動するといってもスウェーする訳ではありませんし、スイング軸がズレる訳ではありません。 関連記事 イメージできることが大切です ゴルフスイングを言葉で説明するのは、とても難しいのですが、自分の頭のなかでスイングをイメージできるようになると良いです。 イメージできないというのは、理解してないということですから、適切なゴルフスイングができてないし、自分がどのようなスイングをしているのかも把握できてないことが多いです。 人間というのは、自分が理解したことを言語化できて、頭の中でイメージしやすくなりますし、イメージできると、その通りのスイングがしやすくなります。 ですから、イメトレ(イメージトレーニング)とかが大切だと言われてます。 なので、うまく打てないのは、ゴルフが下手というよりは、ゴルフスイングがどのような動作をするのか、自分の頭が理解してないということです。 考え過ぎは禁物 トップからダウンスイングの切り返しで考え過ぎると、動けなくなりますし、スイングができなくなってしまいます。 トップスイングをつくった状態から、固まってしまって、動けなくなることがあります。 ですから、考え過ぎは禁物です。 練習場で打ってる通りに、いつも通りに、深く考えずにスイングすることが大切です。 ダウンスイングで気を付けること ベン・ホーガンの右肘が右腰あたりまで引き付けて、巻き付く動作を紹介しました。 その他、ダウンスイングで気を付けると良いことを紹介します。 トップスイングからボールを打ちにいかない トップスイングからゴルフボールを直接打とうという動作は絶対にしてはいけません。 トップからボールを直接打ちにいくと、ゴルフクラブを腕で引っ張ってくることとなり、身体の捻転と同調(シンクロ)しなくなってしまい、スライスしてしまいます。 完全な手打ちとなります。 ダウンスイングは、ゆっくりと始動する ダウスイングを始動するとき、とても急いで振ろうとする人がいますが、急ぐ必要はありません。 ただ、ひとつ言えるのは捻転してトップスイングをつくった状態というのは、身体が捻じれていて、とても苦しいので早く元の体勢に戻りたくなります。 ですから、急いでしまいます。 ダウンスイングは、我慢して、耐えて、ゆっくりと始動する方がスイングプレーンがズレ難く、スイングエネルギーがクラブに伝わって、自然とクラブが加速してくれます。 そして、適切なインパクトで打ちやすくなります。 ダウンスイングは、グリップエンドを意識する ダウンスイングでゴルフクラブを下してくるときに意識すると良いのは、グリップエンドです。 グリップエンドを飛球線とは真逆の方に向けるイメージ、右足の踵に向けてグリップエンドを下してくるというイメージを持つことで、身体の捻転と同調(シンクロ)させながら、ダウンスイングをしやすくなります。 ダウスイングは、右肘を意識する 別の言い方では、右肘を右の腰に引き付けるようにして、腕とクラブを下してくると、身体に巻き付くような動作となり、手元を身体に引き付けて、強いインパクトで打ちやすくないます。 左脚を踏み込んでガニ股になる バッバ・ワトソンのスイングは、ダウンスイングがとても勉強になります。 バックスイングして捻転をし、トップを作ります。 そこから、ダウンスイングに移行するときには、 左脚を踏み込んでからダウンスイングを開始します。 この時、瞬間的にガニ股になります。 このガニ股がとても大切です。 バックスイングしたとき、飛球線とは逆にエネルギーが働きます。 そして、左脚を踏み込んで、飛球線にエネルギーをシフトさせるので、瞬間的にガニ股になります。 この動作は、他のゴルファーにも共通する動きとなりますし、ダウスイングには必要な動きとなります。 詳しくは、を確認してみて下さい。 日々、精進 がんばります 関連記事• ゴルフスイングの動作 関連記事 テイクバックからフォロースルー、捻転差とヘッドスピードを上げるコツを紹介した記事です。 併せて読んでみてください。 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月26日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日.

次の

解説!腰の切り返しのベストタイミング

ゴルフ スイング 切り返し

Contents• ゴルフスイングの一連の動作 ゴルフスイングの一連の動作について、おさらいをしておきましょう。 ゴルフスイングは、各段階において次の順序で行います。 そして、これらの間をつなぐ動作として重要なものがあります。 アドレスから バックスイングの間においては、が重要になります。 バックスイングから ダウンスイングの間においては、 の動作とタイミングが重要になります。 ダウンスイングから インパクトの間においては、意識して行う動作は『』です。 インパクトから フォロースイングの間においては、意識して行う動作は引き続き『』です。 フォロースイングから フィニッシュの間においては、意識して行う動作は『 おへそをターゲット方向へ突き出す動作』です。 ここでは、 切り返しの動作とタイミングについて詳しく解説しますね。 ゴルフのダウンスイングの切り返しの動作は何をすればいいの? ゴルフのダウンスイングにスムーズに入るためには、 切り返しという動作が重要になります。 切り返しのことは、 バックスイングとダウンスイングの間(ま)ということもあります。 この 切り返しの動作は、 バックスイングでターゲット方向に背中を向けた状態をキープしながら、左肩を左足親指の付け根に向けて動かす! ことを行います。 切り返しはこれだけです! ゴルフのダウンスイング直前の切り返しのタイミングは? 切り返しの動作は、どのタイミングで行えばいいのでしょうか。 タイミングのとり方のコツ(1) タイミングのとり方のコツの一つとしては、 バックスイングが完了する直前が 切り返しのタイミングになります。 バックスイング完了の判断はどこでするのかというと、で解説した右手のグリップでバックスイングをすると、アドレスではグリップと右手親指を離していたのが、バックスイングをしていくと、グリップと右手親指が密着する瞬間があります。 その時が、 バックスイング完了の合図と考えて下さい。 その瞬間に、先ほど解説した 切り返しの動作を行います。 タイミングのとり方のコツ(2) もうひとつのタイミングのとり方のコツとしては、 スイングのリズムによる 切り返しのタイミングのとり方があります。 スイングのリズムの詳細は、で解説していますが、「イチ、ニー、サン」の三拍子のリズムでスイングします。 アドレス(イチ)• バックスイング(ニー)• インパクト(サン) 切り返しのタイミングは、「ニー」の伸ばしたところになります。 三拍子なので、「ニー」を長く伸ばしてはダメですよ。 まとめ 切り返しの動作 バックスイングでターゲット方向に背中を向けた状態をキープしながら、左肩を左足親指の付け根に向けて動かす! 切り返しのタイミング• バックスイングが完了する直前 または、• 三拍子のリズムで、バックスイングの「ニー」の伸ばしたところ 以上です。 ぜひ試してみてくださいね!•

次の

プロは切り返しでクラブから何を「もらう」のか?

ゴルフ スイング 切り返し

ゴルフで重要なトップからの切り返しです! 体重移動のやり方ってなれないと難しいですよね。 体重を移しすぎても体が左右にズレてしまう のでいけません。 まずは、正しいトップからの切り返しのやり方を書いてきます。 スポンサードリンク 正しい切り返しのやり方 切り返しの始動は左足から! これが基本です。 バックスイングで右足に乗せた体重を、切り返しで左足に乗せ換えます。 切り返しは、ただそれだけ。 本当にそれだけなのです。 左足をグッと踏み込んで下さい 気をつけるべき点は、体重を左足に乗せた時に、体が左に傾いてしまうこと。 切り返しでは、ただ左足に体重を乗せるだけなので、適当にやりがちですが、慎重に行う必要があります。 上手く切り返すコツ 慣れないうちは、体がブレないように切り返すために、 左ヒザをアドレスに戻すだけでもOK! です。 慣れてないと、思い切り踏み込んだ時に体の軸がブレてしまうので、バックスイングで少し折れた左ヒザをアドレスの状態に戻すだけでも大丈夫です。 曲げたヒザをアドレスの位置に戻すだけで体重は左足に乗ります ゴルフスイングは、中心軸から体を左右にズラさないように振る必要があります。 なので野球のスイングのように振ってはいけません。 何度も言いますが、はじめは、 ヒザを戻すだけ でOKです。 これでしっかり左に体重が移りますので。 それと、もう一つ重要なポイントがあります。 スポンサードリンク 切り返しで大事なのは上半身から打ちにいかないこと! それは、切り返しからの始動は曲げた左ヒザをアドレスの状態に戻した時に、 手元はまだトップの位置でキープする こと。 手と腕だけでボールを打ちに行かない! ダウンで下半身が左に回転すると、自動的に上半身も回りはじめます。 勝手に回り始めるというのがミソですね。 とにかく切り返しでは、腕は動かさないように意識してください。 下半身で始動すると、我慢しきれなくなって勝手に上半身がクルン!と回ります。 この感覚をつかめばショットが安定してきます ゴルフを始めて訪れる最初の壁です。 まずはこの切り返しの感覚がつかめるまで徹底的に練習してください。 スライスがなくなり、芯でボールを捉えられるようになるので、ゴルフが楽しくなってきますよ。 スポンサードリンク.

次の