ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後。 ハウスクリーニングのフランチャイズ店は儲かるのかを調査

定年後の仕事としてフランチャイズ開業を選んだ方の経営体験談

ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後

2018年、今や共働きは珍しいことではありません。 そんな業界大手の「ベアーズ」の新しい取り組みである『ハウスクリーニングFC』をのぞいてみました! ベアーズといえば家事代行? だけじゃない! 私も一番に思い浮かんだのは家事代行のイメージでしたが、今回体験するのは、なんとハウスクリーニング!これまで培った家事代行のノウハウをより多くの方に利用いただけるよう、ハウスクリーニング事業のFC展開をスタートしたそうです! 清掃箇所は多岐に渡るものの未経験者でも安心して始められるのは、独自の研修プログラムを設けているから。 今回は、研修に含まれる清掃業務から「キッチン」、「フローリング」、「窓」の3種類を体験させてもらいました。 教えてくれたのは、事業開発部の伊藤英男さんです。 【キッチン】「まあまあキレイ」はNG! 目指すは「完璧なキレイ」 キッチン掃除で頭を悩ませるのが、水アカ。 いくらスポンジでこすっても、なかなか消えない憎いヤツです。 下のシンクも一見キレイに見えますが、目を凝らしてみると無数の水アカが……。 ベアーズ独自開発の洗剤を手に、いざ掃除スタート!「市販の洗剤より強力なので、手袋は必須です」(伊藤さん) まずは専用洗剤を染み込ませたスポンジを使い、水アカを浮き上がらせていきます。 続いて電動ポリッシャーで表面を磨いて水アカを落としていきます。 POLISH=「磨く」ですもんね! これが、しっかり腰を入れないと腕ごと振り回されてしまうくらいハイパワー! 「ちょっと磨きが足りませんね」と伊藤先生がやり直す場面も。 その後、磨いた部分をタオルでふき取ると…… ま、まぶしい~! なんですか、このピカピカっぷりは! 一点の曇りもなく、まさに完璧。 この感動はクセになりそう……! 【フローリング】新築のごとくピカピカに 続いてはフローリングのクリーニング。 クリーニング前にフローリングと壁を接合する巾木(はばき)に養生テープを貼り…… ワックスを延ばしていきます。 一方向に薄~く、薄~く、ヴェールをかけるように。 一定時間放置すると、ツヤツヤのフローリングが完成。 これまた新築みたいな美しさ! 【窓】なかなか手が回らない箇所だけに依頼も多数 ラストは窓拭きです。 家の掃除の中でもつい後回しにしがちな窓掃除ですが、やるとやらないでは見え方が全然違うとのことです。 耳の痛い話ですが、たしかに! 工程自体はシンプルなもの。 これでまず表面の汚れを取るんだそう。 続いてT型のワイパーが登場。 余計な水を切っていくための重要アイテムですが、この扱いが意外と難しく…… 「う~ん、ちょっと違いますね」と伊藤先生から優しい口調ながらダメ出しを頂戴し、結局仕上げは先生にやっていただきました。 「腕だけ下すのではなくて、こう腰を引くような感じで……」と先生。 ゴールはお客さんの喜ぶ顔 忙しい日常生活の中でなかなか手が回らない箇所だけに、掃除し終わった窓は格別です。 全身がくっきり映り込む窓を見ていると、自分が今感じている感動を同じようにお客さんに体験してもらう喜びこそ、家事代行業の醍醐味であり、スタッフの方々の原動力なのだと気がつきました。 ベアーズさん、ありがとうございました!.

次の

SP水素セラピー~水素吸入機ビジネス~|フランチャイズを探すならコ…

ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後

daiohs. 一人で開業できる、店舗不要(土地代、建設費)といった参入のしやすさも魅力のひとつです。 また、ビル・オフィス内清掃が仕事現場なので、一般家庭の年末大掃除のような汚れの溜まったお掃除はないため、同業他社の業務よりもラクに作業が行なえます。 ダイオーズカバーオールの募集要項 開業資金 加盟金:430万円 ロイヤリティ• 本部経費:27. ロイヤリティ:18. 保険料(賠償責任保険):0. osoujitai501. 清潔な環境づくりが売り上げに直結する商業施設にとって、クリーニングは必要不可欠なため、便利屋業(一般家庭)と、ビルメンテナンス業(大型施設)の隙間にある膨大な市場を対象にできることが、大きな魅力です。 また、基本的には人手仕事であるため、設備・機材の投資が少なく、低資金での開業が可能なのも嬉しいポイント。 本人のやる気、努力次第では 高い利益を上げることができるでしょう。 おそうじ隊501の募集要項 開業資金• 250万円• 加盟金:70万円• 教育費:30万円• 資機材費:150万円• 自己手配費用(目安)• 車輌費:約 80万円• 必要備品(パソコン、FAXなど):約 50万円• 経営利益:81万円• 月間粗利益:142. 5万円(月間売上150万円、材料原価7. 5万円)• 月間経費合計:61. osoujitai501. 最近では自宅の掃除を専門業者に委託するケースが増えており、ハウスクリーニングの業界は順調に成長している業種と言えるでしょう。 今後も、より付加価値の高いクリーニングサービスがでてくる可能性が期待できます。 ハウスクリーニングのフランチャイズのメリット・デメリット メリット• 比較的誰でも簡単にできる• 低資金で独立が可能• 年齢に関係なく、夫婦で開業できる• 自宅で開業できる デメリット• 競合他社との差別化の難しさ• 繁忙期が集中している• 加盟店オーナー自身が業務を行なう場合、体力的・肉体的・年齢的に限界がある ハウスクリーニングの将来性 低資金で開業でき、年齢に関係なく比較的誰でもできるのがハウスクリーニングのメリットです。 おそらくハウスクリーニング事業で成功している個人の方も多いことでしょう。 もちろん需要もありますし、 2020年に向けて需要が見込めます。 ただ、大手企業も参入している業界ですし、独立する方も多く競合性が徐々に高くなってきています。 また集客が難しいジャンルで、コネや人脈がないとなかなか安定した収入が見込めません。 繁忙期は限られてしまうため、年間通しての安定収入も難しいです。 そして定年後などに始める方もいますが、自身も業務を行うのなら何十年も続けられるものでもないでしょう。 安定した需要のある事業ではあるものの、大手も参入し競合性も高くなっている事業ですから、個人では難しい面はあります。

次の

フランチャイズ×ハウスクリーニング・家事代行の独立開業情報一覧|独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

ハウスクリーニング フランチャイズ 定年後

ハウスクリーニングに資格は必要ありません。 ハウスクリーニング業は参入障壁が極端に低い業種です。 特別な資格も許可も必要ありません。 誰でも簡単にはじめられるお仕事です。 はじめるだけならばです。 掃除をすれば良いのだから簡単だろうと思っている方も多いと思います。 大手フランチャイズに加入すれば集客力もあるし、専用機材なども購入できるし、技術も教えてくれるし大丈夫だろうと思っている方がいらっしゃるかもしれません。 その考え方がすべて間違いであるとは言いません。 ハウスクリーニングを仕事としてやってみたいという前向きな気持ちを否定はしません。 とても素敵で素晴らしい選択だと思います。 だからこそ余計なお節介でも言わせてもらいます。 誰のため何のためにハウスクリーニングを開業する? そんな事は決まっているでしょ!と怒られてしまいそうですが冷静に考えて下さい。 正直に言ってしまえば、 『自分や家族のためにお金を得るために』という事だと思います。 それで良いと思います。 全く間違っていません。 開業するならば他人を儲けさせるためではなく、自分で儲けるために開業しましょう。 すべてのフランチャイズ業者が悪いわけではないのですが、某コンビニエンスストアのようにフランチャイズ業者(本部)を儲けさせる為の開業にだけはならないように。 そもそも開業費用がなんでそんなに高いのか不思議になるフランチャイズ業者が多すぎます。 もう開業詐欺レベルです。 加入業者から開業資金を搾取する気満々ですね。 それがフランチャイズのビジネスモデルなので仕方ないですが、ここを読んでくれた方に被害者が出ない事を願います。 では何故ハウスクリーニング業を選んだのですか 職業の選択は自由です。 他にも職業はたくさんある中でもハウスクリーニング業を選ぶ理由を冷静に考えてみて下さい。 正直に言ってしまうと清掃業は人気の職種ではありませんし、収入が高いわけでもありません。 むしろ収入は平均以下である事の方が多いのではないでしょうか? それなのになぜそんな業種に参入しようとしているのでしょうか。 以前から ハウスクリーニング業などの関連業種で就業していて独立するという方もいらっしゃると思います。 そのような方には頑張って下さいとしか言いませんし、全力で応援します。 それ以外の方で開業を考えている方が心配なのです。 資格も許可も必要ないので参入しやすい業種で作業自体も誰にでも出来そうで難しくない。 そんな考えではないでしょうか。 フランチャイズに加入すれば指導してもらえるから大丈夫だから。 黙っていても仕事が入ってくるから問題ない。 などと考えているならフランチャイズ業者の良いカモです。 ネギと鍋まで背負っている鴨ですよ。 それで成功した方もいらっしゃるかもしれませんが、失敗して借金を背負って廃業した方とどちらが多いのでしょうか。 やはり世の中そんなに甘くないです。 まとめ 本気でハウスクリーニング業を開業したいとお考えの方へ。 まずは仕事を体験してみては如何でしょうか。 一年くらいハウスクリーニングを営む会社に勤務してみましょう。 欲を言えば一通り仕事が覚えられるまで働いてみれば良いのです。 そこで得られる知識と経験は今後開業するのに役に立つ事ばかりだと思います。 そもそも経験もなく開業できる程度の仕事ならば1年かからずに一通りの作業を習得して一人前になれるでしょう。 私は出来が悪いので3年かけてゆっくりと技術と知識を習得しました。 定年後に簡単そうだからフランチャイズに加入して開業しようなどお考えの方もいらっしゃると思いますが、開業詐欺まがいの業者に蓄えてきた大切な財産を搾取されないようにして下さい。 また脱サラしてフランチャイズ契約を結んで様々な業種で開業しようという方もいらっしゃると思いますが、某コンビニのように以前よりも長時間働いてもロイヤリティー負担が大きくて収入がマイナスになるなど金銭以外にもご自信の時間を搾取されてしまわないようにして下さい。 興味がありましたら もご覧下さい。 それでは。

次の