アニマル ライツ と は。 「牛乳のひみつ」炎上のアニマルライツセンターのヤバい真実とは!? 肉フェス炎上も…過激エコテロリスト列伝!

アニマルライツセンター

アニマル ライツ と は

アニマルライツセンターの主張について。 アニマルライツセンターというNPO代表の岡田千尋という女性がTVタックルに出ていたのですが、その主張があまりに極端で、自分達の主張と違うものを全て敵として攻撃するカルト的なものを感じました。 TVタックルでNPOの岡田さんはとにかく終始「動物園は虐待」「動物園の動物の姿は本来の姿ではない」と言い切っていました。 それに対した旭山動物園前園長は、実際に激減していたエゾリスを保護、繁殖し、野生の絶滅を回避させた経験等を交えその存在意義を説き、動物に対する知識も、学術的な知識・経験もかなり違うように感じました。 スタジオでも、じゃあ「本来の姿」を見る為にはどうすればいいのか、金持ちじゃなきゃ野生動物のいる国まで行けない、見る事も出来ない、と問うと、「テレビで十分。 そもそも簡単に見られると思う事が間違い」という回答で、これにはスタジオも失笑という感じでした。 また、井の頭公園にいる日本で一番高齢のゾウ・花子についても、花子に声援を送る子供がいる、老いた動物に対して子供なりに芽生える感情があるという話をした事に対して、「それこそ人間同士やパートナー動物で十分」と反論にもなっていませんでした。 前園長が誰でも動物園を作れてしまうのは問題、法律を作るべき、と動物・人間双方の目線で語っていたのに対し、アニマルライツは「動物園は虐待!」「展示は必要無い!」「本来の姿じゃない!」と繰り返すばかり。 動物愛護って、何でもとにかく野性の姿で残す事なのでしょうか。 そうであれば犬を鎖に繋ぐ事も猫を家の中に入れておく事も虐待です。 全ての動物が人間と同じ様に解き放たれた状態でなければいけません。 「パートナー動物」ってすごく屁理屈です。 ポール・マッカートニー等著名人を協力者として宣伝に使っているので、動物が好きというだけで安易に寄付をしてしまっている人もいると思いますが、日本の伝統行事さえもこの欧米的団体にとっては潰す対象です。 動物は食べ物じゃない、なんて究極の偽善だと思います。 私は動物が好きですが、伝統的なものや国の食文化にまで虐待だ野蛮だという団体こそ、乱暴者だと思います。 まず、ご質問者様は、アニマルライツを主張する団体と動物愛護団体、動物保護団体を混同されているように思います。 反論もあると思いますが、私感では、 ・アニマルライツ 動物にも人間と同等の権利(これが「アニマルライツ(動物の権利)」)を与えるべきで、彼らが生きるべき姿を人間がじゃまをしてはいけない。 人間のために生まれて死ぬような、家畜という存在は認めない。 ただし、コンパニオン動物(ペット)は認める。 ・動物愛護団体 人間と動物の関係、中でも、特に、「直接ふれあう(関わり合う)」ような場面で、動物を庇護することを主張する団体。 ・動物保護団体 主に、野生生物が、自然状態の中で、持続的に生息できるように働きかける団体。 だと思っています。 で、ご質問の団体は、名称通り、アニマルライツ系の団体なので、海+警察犬で有名な犬の品種とか、昔はチャーハンに乗っかっていることが多かった豆の一種とかの団体と、基本理念が近いと思います。 本題のご質問に関してですが、 >NPO団体の人はどういった人達が多いのでしょうか? 前述の通り、アニマルライツ系の人だけが、こんな主張をするんじゃないでしょうか。 動物保護系のNPO団体と同等ではないでしょう。 >規模や資金源など調べてもいまいちわかりませんでした。 これに関しては、憶測の域をでませんが、極端な理屈を振りかざさないと、資金が集まらないという面があると思います。 >アニマルライツのような活動をどう思いますか? 基本的な「動物にも権利がある」という理念はすばらしいと思いますが、完全に人間と同等の権利となると、ムリが生じます。 個人的には、アニマルライツ系の活動は、好きではないです。 >TVタックルを見てこの団体に対して感じた事 代表者の知識レベルの低さですね。 感情だけで、話しているように見えました。 きっと、論文を読んだりはしていないでしょうね。 ネット検索とかだけの知識で、自己主張をするタイプに見受けられました。 アニマルライツ系の団体代表だと、故、野上ふさ子 が思い浮かびます。 彼女の主張は、個人的には好きでありませんでしたが、すごく勉強もしているし、冷静な議論もできる人でした。 主義主張がかみ合わない者同士で、歩み寄りが期待されるのであれば、単純な反対論者って、よけいな存在ですよね。 ご参考になれば幸いです。 まず、動物愛護・保護団体という呼び方をして、アニマルライツがさもそれらと同じかのようなh上記をしてしまった事をお詫びします。 またそれぞれの説明をありがとうございました。 アニマルライツが動物愛護・保護団体とは違うものとして、動物にも人間と同等の権利を与えるべきなどという主張には呆れてしまいます。 人間と動物は違う生き物です。 同じ命であって、違う命です。 ほとんど多くの人間は、色々な感情を持ちつつも、人間と動物が平等では無い事実を受け止めています。 もし平等の権利などという事が通れば、人間社会は成り立たないでしょう。 動物を食べず、使わず、人間社会が成り立つでしょうか。 動物を慈しむ事と、動物を人間と平等とする事は違うと思います。 NPOが無くなっても誰も困らないけど、動物園が無くなったら困る人は沢山います。 これが全てです。 何だかんだ屁理屈こねて反対してますが、あの連中は動物ではありません。 動物園の動物が可哀想なら、まずは日本中に居るペットショップやペットを自然に返してからものを言え。 動物園の動物は少なくとも最後まで責任をもって飼育しているが、ペットは必ずしもそうではない。 偽善者は大概反論されても許される公的な場所しか攻撃しない卑怯者が多い。 年間数万頭のペットが殺処分されているのに、今更動物園の動物が可哀想? だったら殺されるペットを全部救えよ。 ペットショップを全部反対して潰せよ。 ペットを買う一般人全てにペットの廃止を訴えろよ。 そうすれば獣医なんて要らないでしょうね。 という事は獣医もペット業界に癒着する既得権益の悪という事で良い訳ね。 という事でまずは獣医は全員資格を廃止するべきですね。 でも反対者はそんなことしません。 つまり叩きやすい場所を叩いて自分達の活動を正当化しそして金を集める。 あれ?たしか日本の伝統文化である、クジラの捕鯨を邪魔するシー何とかとか言う犯罪者組織も同じ事やってますな。 動物愛護と言えば聞こえはいいですが、自分達は菜食主義で家族も仲間もみんな動物の肉を食ってないのか? というか食べている肉が作られる工程を一度でも見たんでしょうかね? 人間は生きているだけで罪深い種族かも知れませんが、生きる為の動物の殺生は善で共存のための飼育は悪というなら、これほど傲慢な思考はありませんね。 結局動物愛護なんて自己満足の偽善であり、彼らが動物を保護して絶滅動物を救えない事だけは「確かな事実」です。 番組を見ました。 アニマルライツの方の意見に共感しました。 他に共感している人がいて安心しました。 旭山動物園の方はまさに詭弁だと思います。 話を聞いて非常にがっかりしました。 動物も狭いオリでずっと人に見られてストレスだと思います。 危険であっても自然のなかで生きるのが普通だと思います。 怪我して保護した動物も自然に返せばかえっていきます。 野生動物を見るにはどうすればいいか、それは野生動物は野生に生きていて簡単には見られないものでいいと思います。 人間の社会とは別で生きているもの、人間の所有物ではないということです。 「テレビで十分。 そもそも簡単に見られると思う事が間違い」 失笑ですか? まさにその通りだと思いました。 動物園が当たり前になっているからこのアニマルライツの方の意見は 受け入れられないけど、他の方と同様いずれそうなってくると思っています。 テレビで岡田さんを見てかわいそうな人だなと思いました。 岡田さんも子供の頃、動物園に行ったことはあるでしょう。 岡田さんが生まれる前から動物園は存在し、沢山の子供たちが直接動物を間近で見て興奮したことだろうと思います。 実際私もその1人です。 岡田さんのように自分の考えと違うものを認めず、非難することしか出来なければ人と理解しあうことは出来ないでしょう。 まず、今までの歴史の中で存在し続けた動物園の存在を認め、行動展示で新しい動物との触れ合い方を形にした動物園の努力を認めた上で、今後の動物園のあり方を極論でなく皆が納得できる形での提案という持って行き方をされた方が、岡田千尋さんの評価は高まるし、共感も今よりは得られるのではないかと思います。 私は質問者さんとはまったく逆で、岡田さんは終始冷静で理路整然、前園長の方が持論を次から次へとまくし立て攻撃的でカルト的に見えました。 園長は心の底では自分でもおかしいと感じているからこそあんなにいろいろと弁明しなくてはならなかったのではないでしょうか? ライオンはほとんど寝てるのが当たり前とか餌があれば野生動物は移動しないとか近親交配が当たり前とか、とても動物に関わる人の口から出た言葉とは思えません。 詭弁です。 エゾリスの話は感動的でしたが問題点はまさにそこです。 北海道の動物を地元で保護することと、熱帯気候の動物を温帯で、狭いコンクリートの小屋に閉じ込め野生ならほとんど会わないはずのすごい数の人間に毎日毎日さらすことの違い。 野生動物とペットの区別。 それに実際いろんな立派な理屈をつけても現状動物園は人間の娯楽場です。 大竹まことが、動物園がなくなったら貧乏人の子供はどうしたらいいんだ!と、とぼけたことを言っていましたが、 動物にしてみれば、人間の子供から見られるために存在してる訳じゃありませんからね。 金持ち、貧乏人関係なく。

次の

「牛乳のひみつ」炎上のアニマルライツセンターのヤバい真実とは!? 肉フェス炎上も…過激エコテロリスト列伝!

アニマル ライツ と は

劣悪な環境で次々死んでいくフクロウ…フクロウカフェの元スタッフが内部告発 こんな「おかしな話」をそのまま信じるようなバカは、 いなくなって欲しい。 どうみたっておかしいでしょこれ! なんで、盲目的に信じられるわけ? まあそういう人間というか、人間にもなれないクズゴミが愛誤なんですけどね。 まずさあ、こういう「店」が仮に実在としたとしましょう。 署名なんかいらないじゃん。 だって、従業員である以上証拠ぐらいあるでしょう。 普通に「動物の愛護及び管理に関する法律」に違反するのだし、 そのまま告発して、この店舗を廃業させればいいだけのこと。 もちろん、行政が動くのって遅いから、 何から何まできれいに片付くわけじゃないし、 特に「この手の問題」は行政が本気でやる気を見せないことが多いので、 (権利系の問題もあるからだけど) それでも、 『署名なんかいらない』 署名を集めるっていうのは、 要はこういう虐待みたいなことがあったかもしれない特定の店じゃなくて、 「フクロウカフェという業界そのものをなくしたい!」 という、邪な欲望を抱いているからなんだよね。 いかにも、アニマルライツ。 人間のクズのやることはどこまで行ってもクズでしかない。 はっきりいいますけど、 この記事の元がアニマルライツである限り、 「ほとんど全部ウソ」と言っていいと思います。 それくらいクソなんだよ、アニマルライツって。 正直、こことエルザは「人類悪」だと思うよ。 まずさあ、現状を把握できない人が多いだろうから、 そこは適当にググればいいやとしか思わないけれど、 「フクロウカフェってけっこうある」わけですよ。 で、客単価はほぼ1000円くらい。 1時間で、ワンドリンクでだいたい癒やされるシステム。 地方はもっと安いけどね、まあ細かいことはどうでもいい。 要は、その程度の業態だってこと。 それでもペイするのは、人件費が少ないからですよ。 基本的に、客にも鳥にも「かまう必要がない」からそこそこなんとかなる。 で、「フクロウの値段」 どんなルートで仕入れるか?みたいなことはあるんだろうけど、 安くはないです。 猛禽類の繁殖形態から言って、そんなに一年中なんとかなるわけないだろ! ってこと含めて、 ニワトリのひよこみたいにいくらでも手に入るものじゃないのは当然のこと。 中型から小型のフクロウのヒナでも、 相場で10万から20万だと思いますよ。 それを、 「劣悪な環境で次々死んでいくフクロウ」 なんてことしてて、営業できると思いますか? 縁日のひよ子(そんなの今でもあるのかな?あれは廃棄物のオスです)とか、 一番安いハツカネズミなんかなら使い捨ても「可能」だけど、 そんなモノでさえも、ちゃんと餌をやって飼ったほうが効率がいいって。 このいかにもアニマルライツらしい「悪意丸出し」の宣伝のようなことをして、 店が成立すると思うのかね? まあ世の中には、稀にとんでもない破綻したペットショップとかないわけじゃないです。 実は破綻しているのは、大部分が「自称愛護活動家」なんですけどね。 それでも、10年に一回くらいいかれたショップが出てきたりはします。 (すでにショップの機能をなくしたホーダーなんだけどね) で、うさぎカフェとかね。 問題のあるところがないわけではないです。 それは業態が安易にできることもあるんでしょうね。 同じように、猫カフェふくめ、 動物を置く飲食業風は「問題がないわけではない」のは当然です。 でも、基本的に「商品である動物」はなるべく長く生かしておきたいのが、 当たり前ですよね。 それがねえ…… 「劣悪な環境で次々死んでいくフクロウ」ですか。 すげえ高額な商品なのにね。 もうこの段階で、あまりにも嘘くさい。 そりゃあさ、鳥を飼えば「それなりに死にます」 でも当然だけど、ショップ側としたら『なるべく殺したくない』でしょう。 だって、すっげー高いんだもん! そこをさあ、どう見ているのかね? ……………………………………………………………………………………………… 話を戻すけど、 確かに「動物の扱いが悪いフクロウカフェ」は存在するかもしれない。 あっても全然おかしくない。 ただしそれは、アニマルライツの宣伝するような「異常なレベル」なのだろうか? それだと、そもそも商売がなりたたないから潰れるよね? アニマルライツがやりたいのは、 「フクロウカフェは悪だ!」という情報誘導なのであって、 だからそれに盲目的に乗る愛誤バカは死んでほしいとすら思う。 ブンチョウでもキュウカンチョウでもいいんだけど、 愛玩動物として鳥を飼ったことのある人間は、 「自由に飛ばせてやったらこの子は幸せなんだろうか?」と思う気がする。 フクロウカフェのフクロウたちは当然ながら、つながれている。 基本的に必要がなければ飛ばないから別にいいんだけど、 もしかしたら、飛べなくしているかもしれない。 鳥にはほとんど表情筋がない。 だから『勝手に』、 つながれた鳥を見て「残酷だ」とか不愉快に思う愛誤はいくらでもいる。 これはそういうこと。 アニマルライツ的に言えば「フクロウカフェは虐待の場』であり不愉快なのだ。 だから、潰したい。 それがこの署名活動と「嘘だらけ」の記事なんじゃないの? ……………………………………………………………………………………………… アニマルライツセンターの担当者に問い合わせたところ 「自由に動き飛ぶことのできる広い空間、水浴び場や砂場、飲水設備、様々な形状の止まり木、これらはフクロウにとって必要なものです。 (中略) ……………………………………………………………………………………………… イヌやネコが、野生状態の場合どれくらいのテリトリーが必要で、 どんな環境が生きているか知っている? それでも、「ネコは室内飼いで幸せ」って話なんだけど? 飼育されるフクロウに、野生状態と同じ環境が必要なのかな? いらないよね、どう考えても。 ……………………………………………………………………………………………… 目がクリクリとしてフクロウは愛らしく、触ってみたくなる気持ちは分かります。 しかしその欲求を満たすために、フクロウは自由を奪われ不特定多数の人に触られ続けています。 フクロウカフェが乱立する今、これが果たして人と動物との正しい関係なのかどうか……」とのことでした。 ……………………………………………………………………………………………… うん、イヌネコ飼うなよお前ら。 フクロウを全部、イヌネコに置き換えろ。 >フクロウたちは糞尿が増えるという理由で与える水分を極端に減らされており、喉が乾き嘴の下に特徴的なサインを出しても対処されることはありませんでした。 ほんとか? そもそもフクロウはそんなに水を飲まないと思うぞ。 餌と一緒に水分を取るものだし、 糞尿は「総排泄孔から一緒に出る」のだから、 別にションベンだけするわけじゃないし、 糞尿を減らすために水をやらないなんて「荒唐無稽なこと」が、 現実にあるとは思えないな。 これ、作っただろ? >嘴の下に特徴的なサイン うん、感染症とかね、鳥類はわりとくちばしに以上が出やすい。 でもさあ、「水が足りない症状」なんて聞いたことないわ。 ウソだろこれ。 こういうところが全部、アニマルライツというクズ組織なんだよ。 告発によると、フクロウカフェの元スタッフは、2015年から2016年に働いていたというフクロウカフェの内部事情があまりにフクロウたちにとって酷い環境であったとしています。 本来生きられたであろう寿命を待たずに亡くなったフクロウは「お迎えが来て新しい飼い主さんに引き取られた」とお店のホームページで虚偽の報告をされ、亡骸はその都度裏の空き地に埋められていたそうです。 フクロウたちは糞尿が増えるという理由で与える水分を極端に減らされており、喉が乾き嘴の下に特徴的なサインを出しても対処されることはありませんでした。 体調不良となり死んでいったフクロウはギリギリまで我慢し、止まり木から急に落ちて倒れるような形で死んでいった子もいたそうです。 明らかに異変があったにもかかわらずオーナーがフクロウを動物病院につれていくことはなかったのだとか……。 そこでフクロウの飼育について小鳥の診察などを扱う山梨県の笛吹どうぶつクリニックの伊藤宗徳院長に話を伺ったところ「そもそも、フクロウは極端にストレスに弱い」のだそうです。 「カフェですと恐らくケージ飼育でないでしょうし、放し飼いが出来ませんでしょうから、リーシュ、リードに繋いでいるのかと思います。 当然自由がききませんし、何よりもケージ飼育が理想なのに、ケージという遮蔽物がないので、直接的に対人ストレスが加わり、その際に逃げる手段もないので、可哀そうですね。 ストレスにより絶食を決め込むと、まもなく死んでしまう個体もあります。 また飲水は、当然生き物ですので自由飲水が必要です。 好きな時に、必要に応じてお水が飲めるようにすべきです」(同院長)。 また、今回告発されたフクロウカフェは、フクロウの飼育だけでなく、カフェに訪れたお客様に提供する飲み物を扱う流し台で、フクロウのエサであるウズラやネズミを扱っていた問題も指摘されており、衛生管理面に対しても疑問の声が上がっています。 これは「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。 」というもの。 さらに第二条の2では「何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない。 その他にも、告発文の内容から違反していると考えられる点がいくつも挙げられています。 アニマルライツセンターの担当者に問い合わせたところ 「自由に動き飛ぶことのできる広い空間、水浴び場や砂場、飲水設備、様々な形状の止まり木、これらはフクロウにとって必要なものです。 (中略) 目がクリクリとしてフクロウは愛らしく、触ってみたくなる気持ちは分かります。 しかしその欲求を満たすために、フクロウは自由を奪われ不特定多数の人に触られ続けています。 フクロウカフェが乱立する今、これが果たして人と動物との正しい関係なのかどうか……」とのことでした。 そして、そんな飼い主さんたちがフクロウを飼おうと思ったきっかけにフクロウカフェの存在がきっかけということは少なからずあるようです。 フクロウカフェの中には触れ合いを禁止し、お客様とフクロウのスペースを何らかで仕切る、ケージに入れるなどしてストレスをできるだけ少くした環境で運営しているカフェも存在しています。 そんなカフェは飼い主さんたちの情報交換の場ともなっており、インターネットや書籍だけでは不足する現場の生の声を聞き、リアルな飼育法を教えてもらえる貴重な場なのだとか。 org」にて、「拘束されて動けない フクロウのカフェに終止符を」と題して署名が募られています。 アニマルライツセンターによると、2017年1月までに北海道をはじめとする14のフクロウなどの展示業者(ふれあいカフェ、販売、展示)に対して署名及び要望を提出しており、意見交換ができた業者もあれば話し合いに応じてもらえない業者もあったそうです。 フクロウ愛好者からは良質なカフェもあると意見が挙がる一方で、「フクロウは管理が難しい」という声もあり、例え触れないことを前提としたカフェであっても、フクロウをストレスなく過ごさせることができるかどうかに疑問が残ります。 org (大路実歩子) 2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 01月• 02月•

次の

2020年 畜産動物に関する認知度調査アンケート

アニマル ライツ と は

劣悪な環境で次々死んでいくフクロウ…フクロウカフェの元スタッフが内部告発 こんな「おかしな話」をそのまま信じるようなバカは、 いなくなって欲しい。 どうみたっておかしいでしょこれ! なんで、盲目的に信じられるわけ? まあそういう人間というか、人間にもなれないクズゴミが愛誤なんですけどね。 まずさあ、こういう「店」が仮に実在としたとしましょう。 署名なんかいらないじゃん。 だって、従業員である以上証拠ぐらいあるでしょう。 普通に「動物の愛護及び管理に関する法律」に違反するのだし、 そのまま告発して、この店舗を廃業させればいいだけのこと。 もちろん、行政が動くのって遅いから、 何から何まできれいに片付くわけじゃないし、 特に「この手の問題」は行政が本気でやる気を見せないことが多いので、 (権利系の問題もあるからだけど) それでも、 『署名なんかいらない』 署名を集めるっていうのは、 要はこういう虐待みたいなことがあったかもしれない特定の店じゃなくて、 「フクロウカフェという業界そのものをなくしたい!」 という、邪な欲望を抱いているからなんだよね。 いかにも、アニマルライツ。 人間のクズのやることはどこまで行ってもクズでしかない。 はっきりいいますけど、 この記事の元がアニマルライツである限り、 「ほとんど全部ウソ」と言っていいと思います。 それくらいクソなんだよ、アニマルライツって。 正直、こことエルザは「人類悪」だと思うよ。 まずさあ、現状を把握できない人が多いだろうから、 そこは適当にググればいいやとしか思わないけれど、 「フクロウカフェってけっこうある」わけですよ。 で、客単価はほぼ1000円くらい。 1時間で、ワンドリンクでだいたい癒やされるシステム。 地方はもっと安いけどね、まあ細かいことはどうでもいい。 要は、その程度の業態だってこと。 それでもペイするのは、人件費が少ないからですよ。 基本的に、客にも鳥にも「かまう必要がない」からそこそこなんとかなる。 で、「フクロウの値段」 どんなルートで仕入れるか?みたいなことはあるんだろうけど、 安くはないです。 猛禽類の繁殖形態から言って、そんなに一年中なんとかなるわけないだろ! ってこと含めて、 ニワトリのひよこみたいにいくらでも手に入るものじゃないのは当然のこと。 中型から小型のフクロウのヒナでも、 相場で10万から20万だと思いますよ。 それを、 「劣悪な環境で次々死んでいくフクロウ」 なんてことしてて、営業できると思いますか? 縁日のひよ子(そんなの今でもあるのかな?あれは廃棄物のオスです)とか、 一番安いハツカネズミなんかなら使い捨ても「可能」だけど、 そんなモノでさえも、ちゃんと餌をやって飼ったほうが効率がいいって。 このいかにもアニマルライツらしい「悪意丸出し」の宣伝のようなことをして、 店が成立すると思うのかね? まあ世の中には、稀にとんでもない破綻したペットショップとかないわけじゃないです。 実は破綻しているのは、大部分が「自称愛護活動家」なんですけどね。 それでも、10年に一回くらいいかれたショップが出てきたりはします。 (すでにショップの機能をなくしたホーダーなんだけどね) で、うさぎカフェとかね。 問題のあるところがないわけではないです。 それは業態が安易にできることもあるんでしょうね。 同じように、猫カフェふくめ、 動物を置く飲食業風は「問題がないわけではない」のは当然です。 でも、基本的に「商品である動物」はなるべく長く生かしておきたいのが、 当たり前ですよね。 それがねえ…… 「劣悪な環境で次々死んでいくフクロウ」ですか。 すげえ高額な商品なのにね。 もうこの段階で、あまりにも嘘くさい。 そりゃあさ、鳥を飼えば「それなりに死にます」 でも当然だけど、ショップ側としたら『なるべく殺したくない』でしょう。 だって、すっげー高いんだもん! そこをさあ、どう見ているのかね? ……………………………………………………………………………………………… 話を戻すけど、 確かに「動物の扱いが悪いフクロウカフェ」は存在するかもしれない。 あっても全然おかしくない。 ただしそれは、アニマルライツの宣伝するような「異常なレベル」なのだろうか? それだと、そもそも商売がなりたたないから潰れるよね? アニマルライツがやりたいのは、 「フクロウカフェは悪だ!」という情報誘導なのであって、 だからそれに盲目的に乗る愛誤バカは死んでほしいとすら思う。 ブンチョウでもキュウカンチョウでもいいんだけど、 愛玩動物として鳥を飼ったことのある人間は、 「自由に飛ばせてやったらこの子は幸せなんだろうか?」と思う気がする。 フクロウカフェのフクロウたちは当然ながら、つながれている。 基本的に必要がなければ飛ばないから別にいいんだけど、 もしかしたら、飛べなくしているかもしれない。 鳥にはほとんど表情筋がない。 だから『勝手に』、 つながれた鳥を見て「残酷だ」とか不愉快に思う愛誤はいくらでもいる。 これはそういうこと。 アニマルライツ的に言えば「フクロウカフェは虐待の場』であり不愉快なのだ。 だから、潰したい。 それがこの署名活動と「嘘だらけ」の記事なんじゃないの? ……………………………………………………………………………………………… アニマルライツセンターの担当者に問い合わせたところ 「自由に動き飛ぶことのできる広い空間、水浴び場や砂場、飲水設備、様々な形状の止まり木、これらはフクロウにとって必要なものです。 (中略) ……………………………………………………………………………………………… イヌやネコが、野生状態の場合どれくらいのテリトリーが必要で、 どんな環境が生きているか知っている? それでも、「ネコは室内飼いで幸せ」って話なんだけど? 飼育されるフクロウに、野生状態と同じ環境が必要なのかな? いらないよね、どう考えても。 ……………………………………………………………………………………………… 目がクリクリとしてフクロウは愛らしく、触ってみたくなる気持ちは分かります。 しかしその欲求を満たすために、フクロウは自由を奪われ不特定多数の人に触られ続けています。 フクロウカフェが乱立する今、これが果たして人と動物との正しい関係なのかどうか……」とのことでした。 ……………………………………………………………………………………………… うん、イヌネコ飼うなよお前ら。 フクロウを全部、イヌネコに置き換えろ。 >フクロウたちは糞尿が増えるという理由で与える水分を極端に減らされており、喉が乾き嘴の下に特徴的なサインを出しても対処されることはありませんでした。 ほんとか? そもそもフクロウはそんなに水を飲まないと思うぞ。 餌と一緒に水分を取るものだし、 糞尿は「総排泄孔から一緒に出る」のだから、 別にションベンだけするわけじゃないし、 糞尿を減らすために水をやらないなんて「荒唐無稽なこと」が、 現実にあるとは思えないな。 これ、作っただろ? >嘴の下に特徴的なサイン うん、感染症とかね、鳥類はわりとくちばしに以上が出やすい。 でもさあ、「水が足りない症状」なんて聞いたことないわ。 ウソだろこれ。 こういうところが全部、アニマルライツというクズ組織なんだよ。 告発によると、フクロウカフェの元スタッフは、2015年から2016年に働いていたというフクロウカフェの内部事情があまりにフクロウたちにとって酷い環境であったとしています。 本来生きられたであろう寿命を待たずに亡くなったフクロウは「お迎えが来て新しい飼い主さんに引き取られた」とお店のホームページで虚偽の報告をされ、亡骸はその都度裏の空き地に埋められていたそうです。 フクロウたちは糞尿が増えるという理由で与える水分を極端に減らされており、喉が乾き嘴の下に特徴的なサインを出しても対処されることはありませんでした。 体調不良となり死んでいったフクロウはギリギリまで我慢し、止まり木から急に落ちて倒れるような形で死んでいった子もいたそうです。 明らかに異変があったにもかかわらずオーナーがフクロウを動物病院につれていくことはなかったのだとか……。 そこでフクロウの飼育について小鳥の診察などを扱う山梨県の笛吹どうぶつクリニックの伊藤宗徳院長に話を伺ったところ「そもそも、フクロウは極端にストレスに弱い」のだそうです。 「カフェですと恐らくケージ飼育でないでしょうし、放し飼いが出来ませんでしょうから、リーシュ、リードに繋いでいるのかと思います。 当然自由がききませんし、何よりもケージ飼育が理想なのに、ケージという遮蔽物がないので、直接的に対人ストレスが加わり、その際に逃げる手段もないので、可哀そうですね。 ストレスにより絶食を決め込むと、まもなく死んでしまう個体もあります。 また飲水は、当然生き物ですので自由飲水が必要です。 好きな時に、必要に応じてお水が飲めるようにすべきです」(同院長)。 また、今回告発されたフクロウカフェは、フクロウの飼育だけでなく、カフェに訪れたお客様に提供する飲み物を扱う流し台で、フクロウのエサであるウズラやネズミを扱っていた問題も指摘されており、衛生管理面に対しても疑問の声が上がっています。 これは「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。 」というもの。 さらに第二条の2では「何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない。 その他にも、告発文の内容から違反していると考えられる点がいくつも挙げられています。 アニマルライツセンターの担当者に問い合わせたところ 「自由に動き飛ぶことのできる広い空間、水浴び場や砂場、飲水設備、様々な形状の止まり木、これらはフクロウにとって必要なものです。 (中略) 目がクリクリとしてフクロウは愛らしく、触ってみたくなる気持ちは分かります。 しかしその欲求を満たすために、フクロウは自由を奪われ不特定多数の人に触られ続けています。 フクロウカフェが乱立する今、これが果たして人と動物との正しい関係なのかどうか……」とのことでした。 そして、そんな飼い主さんたちがフクロウを飼おうと思ったきっかけにフクロウカフェの存在がきっかけということは少なからずあるようです。 フクロウカフェの中には触れ合いを禁止し、お客様とフクロウのスペースを何らかで仕切る、ケージに入れるなどしてストレスをできるだけ少くした環境で運営しているカフェも存在しています。 そんなカフェは飼い主さんたちの情報交換の場ともなっており、インターネットや書籍だけでは不足する現場の生の声を聞き、リアルな飼育法を教えてもらえる貴重な場なのだとか。 org」にて、「拘束されて動けない フクロウのカフェに終止符を」と題して署名が募られています。 アニマルライツセンターによると、2017年1月までに北海道をはじめとする14のフクロウなどの展示業者(ふれあいカフェ、販売、展示)に対して署名及び要望を提出しており、意見交換ができた業者もあれば話し合いに応じてもらえない業者もあったそうです。 フクロウ愛好者からは良質なカフェもあると意見が挙がる一方で、「フクロウは管理が難しい」という声もあり、例え触れないことを前提としたカフェであっても、フクロウをストレスなく過ごさせることができるかどうかに疑問が残ります。 org (大路実歩子) 2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 01月• 02月•

次の