コロギス。 コロギス科

コロギスってどんな昆虫?レアな昆虫?巣を作る!?

コロギス

鳴く虫文化 日本古来の文化、鳴く虫文化の歴史は大変古く、奈良時代にさかのぼります。 当時貴族の楽しみでした。 よい鳴きの虫を選んで宮中に献上したり、虫聴き の催しが行われておりましたが、 まだ一般庶民にまでは広がっていませんで した。 それが江戸時代に入ってからスズムシを売る人が現れ、庶民の間で広 く鳴く虫が飼育 されるようになり、鳴く虫一大ブームが沸き起こりました。 鳴く虫はやがてマツムシ、カンタン、クサヒバリ、キンヒバリ、キリギリス、 クツワムシ などが飼われるようになりました。 そして当時既にスズムシの 人工飼育が確立され、虫を売る人も増えていきました。 天秤棒で担いで鳴く 虫を売り歩く人の服装が、段々派手になっていったため幕府が規制 する事態 になりました。 鳴く虫文化は明治時代に入ってからも衰えず、昭和に入っても続きました。 しかしその後、テレビゲームなど色んな娯楽の出現、昆虫はカブトムシや クワガタムシに 主役が移り、鳴く虫文化は衰退してゆきました。 私が生まれ 育った大阪でも昭和50年代くらいまで梅田の百貨店の屋上のペットショップ でスズムシ、マツムシ、クサヒバリ、キリギリスなどが売られていました。 クサヒバリは2面が網、もう2面が板で、幅8センチ、奥行き5センチ、高さ 5〜6センチ 程度の小さな飼育容器に入れて売られていましたが、売り場に その涼しげな美しい音色が 響き渡っていました。 今となってはそんな光景も見ることができず、ホームセンターやペットショッ プなどでスズムシが売られているくらいです。 今では一部の人の楽しみになっ た感がある鳴く虫文化ですが、一部とはいえ続いているのは 嬉しい限りです。 この素晴らしい鳴く虫の魅力を伝え、鳴く虫文化を後世に残すことが私の夢であります。 後藤啓 返品について 返品期限 生体の死着保証は、発送翌日16時までに到着可能なお届け地域のお客さまを対象に保証いたします。 発送翌日16時以降にお受け取りされたお客様は、死着保証対象外となります。 死着保証は1回のみです。 また、輸送中の足や翅、触覚などの欠損、幼虫輸送中の脱皮障害などの事故は保証対象外となりますので、予めご了承ください。 生体の返品受付は生体が到着した当日以内とさせていただきます。 生き物という性質上、生体が到着した翌日以降を過ぎますと返品お受けできませんので、予めご了承ください。 生体以外の商品は商品到着後5日まで返品受付しております。 (死着保証については詳しくは、【注意事項】をご覧ください。 返品送料 お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。 不良品や死着保証に該当する場合は当方で負担いたします。 不良品 商品到着後速やかにご連絡ください。 商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。

次の

コロギス…北摂の生き物

コロギス

概要 [ ] 殆どの種類が樹上性。 体型はに酷似し、は卵形で縦長、特にが発達し丸顔の種が殆どであるコオロギ上科とは異なる。 乾くと糸状になる特殊なを口から吐き、巣作りに利用する。 は非常に長く、体長の4-6倍ぐらいあり、の方が長い傾向がある。 は比較的小さいが視力は割合に良い方で動く物に敏感である。 暗いところで黒っぽく変わったりはしないが、夜目は利くようである。 は通常3つあるが、種類によっては額の1つだけになってしまっているものや、全くしたものもいる。 は頑丈で比較的長く、脛節には棘を備え獲物の捕獲や巣作りに利用する。 前脚にはを欠く。 後脚の発達は悪く、跳躍は苦手である。 反面、非常に素早く走ることが出来、素早く獲物に近寄る。 また、危険を感じた際には跳躍した後素早く走り去る。 趺節の足先は広がり、吸着組織とを備え物にしがみつくのに適する。 は糸状で、コオロギよりは短い。 の形もコオロギに似ているが、発音器を欠く。 一部の種では短く退化、または完全になくなっている。 完全な羽を備えた種であっても飛翔することは殆ど無く、の際に広げて使う程度である。 の腹部の先には発達したがある。 の際オスはメスの産卵管を脚で抱え込むようにして掴む独特の姿勢で行う。 腹部から脚部に発音器官を備えるものがあり、それを用いて発音するほか、脚で物をたたくようにして発音(タッピング)する種類もいる。 主に動物質を食べるで、などを食べるが生きたものばかりでなく死骸も食べる。 また、水分、糖質(樹液、花蜜、果実、アブラムシ・カイガラムシの排泄物)なども好んで摂取する。 このため飼育する際はこれらを別々に与える必要がある。 ハネナシコロギスの場合、コオロギ用の飼料と甲虫用ゼリー、スポンジにしみこませた水分だけで飼育できる。 日本のコロギス科 [ ]• Prosopogryllacris Karny, 1937• Prosopogryllacris japonica et , 1908 、、、。 マルモンコロギス Prosopogryllacris okadai Ichikawa, 2001 、、。 ヒノマルコロギス Prosopogryllacris rotundimacula Ichikawa, 2001 、。 Prosopogryllacris iriomote Gorochov, 2002 西表。 ヒノマルコロギスと同種?• ニセヒノマルコロギス Prosopogryllacris gigas Ichikawa, 2001 、。 Metriogyllacris Karny, 1927• Metriogyllacris magnus Matsumura et Shiraki, 1908 本州、四国、九州、、以南の、。 オオコバネコロギス型 (おそらく Metriogyllacris comes Gorochov, 2002 に相当する) 、西表島、。 クロガネコバネコロギス型 Metriogyllacris magnus var.? タテスジコバネコロギス Metriogyllacris fasciatus Ichikawa, 2001 、、。 オガサワラコバネコロギス属 Neanias Brunner von Wattenwyl, 1888• オガサワラコバネコロギス Neanias ogasawarensis Vickery et Kevan, 1999 (・)。 Nippancistroger Griffini, 1913• Nippancistroger testaceus Matsumura et Shiraki, 1908 、本州、、、対馬、四国、九州、南西諸島(トカラ以南)。 オオハネナシコロギス Nippancistroger izuensis Ichikawa, 2001 本州(周辺)、伊豆諸島(、、、、)。 ヒメコロギス属 Phryganogryllacris Karny, 1937• Phryganogryllacris subrectis Matsumura et Shiraki, 1908 本州?(古い記録のみ)、九州?(同前)、台湾。 出典・脚注 [ ]• 1812-1890 traveller and collector or 1848-1939 entomologist• 日本直翅類学会編 『バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑』 北海道大学出版会、2006年、 参考文献 [ ]• 小林正明 『秋に鳴く虫』 〈信州の自然誌〉、1990年、。 関連項目 [ ]• ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

ハネナシコロギス…北摂の生き物

コロギス

コロギス…北摂の生き物 コロギス 2016年6月29日…大阪府池田市 飼育 コロギスは、コロギス科コロギス属の昆虫でおもに樹上で生活をします。 ふつうに生息しているのですが、比較的木の高い場所にすんでいるためか見る機会は多くありません。 同じコロギス亜科のハネナシコロギスよりも肉食の傾向が強く、特に終齢近くのものはイモムシなどの小さな虫をよく食べます。 刺激をすると翅や口を開いて威嚇をします。 交尾をするコロギス 2016年7月2日…大阪府池田市 飼育 コロギスは樹上で生活をします。 交尾の生態写真の撮影はわたしには無理かなと思います。 飼育下でのコロギスの交尾の写真です。 コロギスのオスとメス 雌雄 2016年7月2日…大阪府池田市 飼育 コロギスのオスとメスの写真です。 上の写真がコロギスのオス、下の写真がコロギスのメスです。 メスの成虫には長い産卵管があります。 産卵するコロギス 2016年7月9日…大阪府池田市 飼育 2016年7月9日午前2時ごろにコロギスのケースを見ると2ひきが産卵をしていました。 2016年7月12日…大阪府池田市 飼育 この日もコロギスが産卵をしていました。 コロギスの卵 2016年7月28日…大阪府池田市 飼育 コロギスが産卵を始めてから1週間ほどたった朽ち木を別のケースに入れていました。 7月20日のことです。 ところが28日になっても孵化をする気配がありません。 心配になって朽ち木を少し開いてみました。 すると上の写真のようなコロギスの卵がいくつもありました。 まだ孵化をする気配はありません。 大きさは、6mm少しでした。 暑さにやられなければ発生のすすむようすが分かると思います。 コロギスの巣 2016年7月9日…大阪府池田市 飼育 巣の中にコロギスのオスがいます。 ただし、飼育下での撮影です。 2016年3月31日…大阪府池田市 飼育 冬を越して活発に活動を始めたコロギスです。 1回脱皮すると亜終齢になると思います。 2016年5月23日…大阪府池田市 飼育 コロギスの亜終齢幼虫です。 クリックすると大きな画像で見ることができます。 威嚇するコロギス 2016年7月12日…大阪府池田市 飼育 コロギスの成虫はオスもメスも激しく威嚇をします。 翅を開き強く体を震わせます。 2016年7月24日…兵庫県三田市藍本 コロギスは樹上性なのでなかなか姿を見ることができません。 生きているものは光にやって来ているものなどを見つけることがまれにあります。 こちらもたまにある道路に落ちていたコロギスです。 人や車で「せんべい」のような状態で死んでいます。 2006年4月2日…大阪府池田市五月山 幼虫での越冬後のコロギスが水辺に水分の補給にやってきていました。 昼に活動をするコロギスを見ることはほとんどありません。 この時期の夜は活動するのに気温が低すぎるのかもしれません。 2019年5月5日…茨城県太子町 撮影-H. 氏 越冬後のコロギスの幼虫の写真を撮影されたので使わせていただきました。 累代飼育しているものよりも一回り大きく育っているようです。 適切な昆虫等を食べているからではないかと思います。 2017年…大阪府池田市五月山 大阪府池田市五月山で久しぶりに野外でコロギスを見ました。 まだ亜成虫のオスです。 葉の間に隠れてしまいました。 残念…!!! たくさんいると思われるのですがなかなか出会えません。 コロギスの初齢幼虫 2016年8月18日…大阪府池田市 飼育 コロギスの初齢幼虫が3びきもいました。 昨日も確認したので孵化は2016年8月17日から18日にかけてです。 ネット等で調べて孵化は来年2017年の7月くらいではと考えていました。 この幼虫の卵は2016年7月上旬から中旬に産卵されたものです。 ただし、産卵木は煮沸等していないので先に卵が入っていた可能性がないわけではありません。 もし今年産卵されたものなら、孵化には約1か月少しかかっています。 念のために1卵を観察用に取り出したものがありますが、そちらは変化がありません。 昨日19日には、午前4時から5時の間に孵化をした灰色のコロギス初齢幼虫が1ぴきいました。 今日20日も下の写真のように真っ白な孵化直後のコロギス初齢幼虫がいました。 午前5時40分でした。 早朝に孵化することが多いようです。 2016年8月20日…大阪府池田市 飼育 コロギスの初齢幼虫 1齢幼虫 から2齢幼虫への脱皮 2016年9月16日…大阪府池田市 飼育 16日午前7時半ごろにコロギスが脱皮をして、初齢幼虫から2齢幼虫になっていました。 もちろん2齢幼虫は白い色をしています。 コロギスの2齢幼虫 2016年8月31日…大阪府池田市 飼育 8月30日、2-3日巣から出てこなかったコロギスの幼虫が出てきました。 色がすっかり変わって緑色になっていました。 脱皮をして2齢幼虫になりました。 2016年9月9日…大阪府池田市 飼育 コロギスの2齢幼虫が写真を撮りやすい場所に出てきたので撮影しておきました。 今年 2016年 産卵され、孵化後最もよく成長している個体です。 2016年9月15日…大阪府池田市 飼育 9日の2齢幼虫の1週間ほどたったコロギスの写真です。 体全体ががっしりとなってきているようです。 下の写真は脱皮をして2日ほど経過をしたコロギスの幼虫です。 色もうすく弱々しい感じがします。 2017年2月18日…大阪府池田市 飼育 越冬中のコロギスのメスの幼虫がゆっくりと歩いていました。 越冬期のコロギス幼虫は、気温が低くてもときどき動くことがあります。 越冬中に活動するのは体力を消耗するのであまりよくないと思うのですが。 越冬幼虫は産卵管が見えるので容易に雌雄の区別ができます。 上下の写真は同じ個体でメスです。 2017年6月23日…大阪府池田市 飼育 飼育を続けているコロギスが終齢幼虫になっています。 体も十分大きくなってきたのでまもなく成虫になると思います 北摂地域にすむコロギスも10日ほど前に成虫になっています。 2017年6月30日…大阪府池田市 飼育 コロギスの初齢幼虫が孵化後1週間ほどたった写真です。 これくらいの時期までに死んでしまうことが多いので、お腹がこの程度大きくなってくると順調に育ちそうです。 2019年4月13日…大阪府池田市 飼育 越冬後のコロギス幼虫が歩いていました。 例年この時期前後に動き始めます。 越冬前途はほとんど大きさは変わりはありません。

次の