磐田 対 エスパルス。 ジュビロ対エスパルスの試合を静岡ダービーと呼ぶのはやめにしてくだ...

Jリーグ

磐田 対 エスパルス

概要 [ ] 静岡サッカーのはじまり 1927年、藤枝のでサッカーが校技となり、に選手を輩出 、では4度の全国優勝を飾る強豪校となる。 1952年にはの開催地となるなど、藤枝は「サッカーのまち」と呼ばれる。 一方、清水でも1929年にで蹴球部が発足。 1956年には清水市立江尻小学校を皮切りに次々と小学生チームが誕生、藤枝に追いつくべく1967年に国内初の小学生リーグを発足、選抜チームは優勝8回を数え 、優秀な選手を数多く輩出する「サッカー王国」と呼ばれる所以となった。 日本サッカーリーグ時代 実業団では清水が本拠地のは1955年ので3位の成績を収め、1972年に2部創設とともに昇格、1974年まで参加している。 1975年には、1979年にが東海リーグからJSLに昇格。 本田とヤマハの2チームは、他のJSL参加チームが関東と関西に偏る中、天竜川を挟んだとに本拠地を持ち、両社共に二輪生産拠点 としていたことから「天竜川決戦」と称された。 1987年にはを拠点としたがJSL1部に昇格し、12チーム中3チームが静岡県内に本拠地を置く時期も存在した。 藤枝を本拠地とした 1988-89 、 1991-92 もJSL2部に在籍していた。 Jリーグ発足 1991年2月14日、発足に伴うとして(現:)をとするの加盟が正式発表された。 当時の清水市は少年サッカー大会での清水FC(優勝8回 )、高校選手権で市内の学校(・・)が1980年から1988年の間に7度決勝進出(うち優勝4回)を重ね 、多数の選手を輩出している地域であること、および1991年ののためにつくられたがあり、プロサッカーチームを大きく育てる「ホームタウン」にふさわしい候補地であることからの選出であった。 JSL1部の強豪であった本田技研およびヤマハ発動機は下部リーグとなるへの加盟となった。 静岡ダービー 1993年にJリーグが開幕、をホームタウンとするとによる「」が注目を集めた。 当時JFLには本田技研・ヤマハ発動機と共に、移転前の(藤枝市)、移転前の(浜松市)、トヨタ自動車サッカー部を継承した(裾野市)が参加、静岡県内ローカルの番組で県勢の対戦を「静岡ダービー」と称するようになった。 Jリーグ参入を目指したヤマハ発動機サッカー部はと改称、Jリーグ準加盟が認められ、1993年10月16日、予選にて、初めて公式戦で清水エスパルスとジュビロ磐田による静岡ダービーが開催された。 試合は清水が2-0で勝利。 Jリーグチャンピオンシップ 、ジュビロ磐田が1stステージを制し、続く2ndステージは清水エスパルスが制したため静岡ダービーで年間優勝を争うこととなった。 がホームアンドアウェイで開催され、1勝1敗ののちPK戦の末、ジュビロ磐田が勝利した。 エコパスタジアム開場 2001年、にの試合会場となるが完成。 2001年5月12日には杮落としとして、清水エスパルスとジュビロ磐田の試合を開催。 観衆52,959人を集めた。 試合は延長ののち、Vゴールで清水が勝利。 エコパスタジアムのある袋井市はに隣接していることもあり、磐田主管の試合では多くの観客来場が見込まれるホームゲームを開催、静岡ダービーも2012年まで開催された。 一方清水は静岡ダービーの主管試合は2005年以降(現・IAIスタジアム日本平)で開催している。 トラブル サポーター同士の小競り合い、乱闘も多く、荒れる試合になることもある。 2011年のリーグ戦・清水主管の試合で、試合開始前に磐田サポーター2名が「」と清水監督のを中傷する垂れ幕を掲げ、怒った清水サポーターとの小競り合いが発生。 垂れ幕を掲げた2名は退席処分を受けている。 また、2013年、2018年の試合では、J2降格圏内にあった磐田を皮肉るような横断幕が掲げられたり 勝利した清水側が磐田の勝利時のチャントを歌う などの挑発行為を行っている。 イベント 2012年4月14日、日本平で開催されたJ1リーグ第6節 清水エスパルス対ジュビロ磐田では、でJリーグオフィシャルサポーターを担当するがマスコットのと共にパフォーマンスを披露した。 また出身のが清水エスパルスに、磐田市出身のがジュビロ磐田にエールを贈っている。 掛け合い中継 清水エスパルスとジュビロ磐田の静岡ダービーを地元の放送局が中継する際、「ダブル実況」というスタイルをとるのが恒例となっている。 これは、実況アナウンサーを二人配置し、清水の選手がボールを支配しているときは清水担当のアナウンサー、磐田の選手がボールを支配しているときは磐田担当のアナウンサーが「掛け合い」で実況を行うものである。 県外での開催 Jリーグのレギュラーシーズンにおいて、県外での開催が1回だけある。 2ndステージの清水主管のでの試合で、日本平スタジアムが座席増築や芝生張り替えなどの改修工事が行われ使用不可だったためである。 また準決勝としてで、準々決勝としてで開催されている。 JFLにおける県勢対戦 JFL所属チームに関しても、県内のチーム同士が対戦する場合に静岡ダービーと称する。 ホンダFCは1992年から継続して所属。 を本拠地とするとの県勢対戦は1997年から7年間開催されている。 2000年から2002年は大学サッカー連盟推薦枠で加入したとあわせ、県勢が3チーム所属していた。 2012年から2年間所属した藤枝MYFCにより9年ぶりに復活。 2014年にに本拠地を置くが加入。 2014年から2016年はホンダFCとアスルクラロ沼津の対戦が、全国規模のリーグ戦では唯一となっていた。 3シーズン開催なし 2014年、をホームタウンとしてがに加入、静岡県からJリーグに加盟する3つ目のクラブとなった。 一方でジュビロ磐田が17位の結果を受けJ2所属となり、J1の清水エスパルスを含め3クラブとも異なるカテゴリーの所属となった。 で2位となりジュビロ磐田が2シーズンぶりにJ1復帰を決めたものの、清水エスパルスは17位となりJ2降格。 1994年から続いてきたJリーグ戦での静岡ダービーは、2014年から3シーズン連続で開催されなかった。 J3での県勢対戦が実現 をホームタウンとするが2015年にJ3ライセンスを取得 、2016年JFLで3位に入りJ3昇格を決め 、藤枝とのJ3リーグでの対戦が実現。 2017年3月25日に行われた対戦では沼津が1-0で勝利を収めた。 4シーズンぶりの対戦復活 清水のJ1復帰に伴い、磐田とのJ1リーグでの対戦が復活。 4シーズンぶりの対戦となった2017年4月1日は40491人の観客が集まった。 災害等の支援・取り組み 2011年4月9日、同年3月に発生したにともなうリーグ中断期間中に被災地支援のためのチャリティマッチを開催。 試合後は両チームの選手が一緒にスタジアムを一周するなど、ライバルの垣根を越えて被災地にエールを送った。 2020年3月28日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦中断 、静岡県知事による移動自粛が呼び掛けられる事態となる中 、練習試合の模様をライブ配信することを決定。 45分x4本で行われた試合は1本目と2本目はDAZNで中継 、3本目と4本目は清水公式インスタグラムおよび磐田公式YouTubeチャンネルで配信された。 清水エスパルス vs ジュビロ磐田 [ ] ホームスタジアム [ ] 両チームのホームスタジアムは以下の通り。 306 2nd第17節 磐田 磐田 2-1 清水 15,377 1st第10節 清水 2-3 磐田 18,432 1st第22節 磐田 磐田 2-1 清水 19,069 2nd第5節 日本平 清水 0-2 磐田 20,295 2nd第17節 磐田 磐田 3-2 清水 17,976 第10節 日本平 清水 1-2 磐田 21,931 第30節 磐田 磐田 1-2 清水 17,543 1st第17節 日本平 清水 1-2 磐田 17,756 2nd第17節 磐田 磐田 2-0 清水 17,117 1st第10節 日本平 清水 2-1 磐田 19,544 2nd第14節 磐田 磐田 1-0 清水 17,337 1st第8節 日本平 清水 2-5 磐田 19,343 2nd第2節 磐田 磐田 0-1 清水 17,337 1st第15節 磐田 磐田 0-2 清水 17,373 2nd第12節 日本平 清水 1-0 磐田 18,977 1st第9節 清水 1-0 磐田 52,959 2nd第1節 エコパ 磐田 3-1 清水 43,506 1st第10節 磐田 磐田 3-1 清水 16,752 2nd第4節 日本平 清水 0-2 磐田 15,186 1st第4節 エコパ 清水 0-2 磐田 32,528 2nd第2節 エコパ 磐田 1-0 清水 35,313 1st第7節 エコパ 清水 1-0 磐田 39,120 2nd第8節 エコパ 磐田 1-2 清水 28,756 第3節 エコパ 磐田 1-1 清水 37,384 第18節 日本平 清水 1-1 磐田 16,220 第16節 エコパ 清水 2-0 磐田 24,920 第33節 エコパ 磐田 1-0 清水 37,711 第9節 日本平 清水 2-1 磐田 20,318 第24節 エコパ 磐田 0-1 清水 33,678 5月3日 第10節 日本平 清水 1-1 磐田 20,330 第31節 エコパ 磐田 1-0 清水 24,887 4月19日 第6節 エコパ 磐田 3-0 清水 22,152 第23節 清水 5-1 磐田 20,116 第13節 アウスタ 清水 0-0 磐田 19,968 8月22日 第20節 エコパ 磐田 2-1 清水 31,266 第13節 アウスタ 清水 0-0 磐田 12,678 第25節 エコパ 磐田 2-1 清水 30,516 第6節 アウスタ 清水 3-2 磐田 16,334 第28節 エコパ 磐田 0-1 清水 28,745 第6節 清水 1-0 磐田 15,113 第30節 ヤマハ 磐田 0-1 清水 12,467 - は、清水がJ1、磐田がJ2所属のため開催なし。 は、磐田がJ1、清水がJ2所属のため開催なし。 第5節 エコパ 磐田 3-1 清水 40,491 第29節 アイスタ 清水 0-3 磐田 18,556 第6節 エコパ 磐田 0-0 清水 30,598 第29節 アイスタ 清水 5-1 磐田 19,159 4月14日 第7節 エコパ 磐田 1-2 清水 31,144 11月2日 第30節 アイスタ 清水 1-2 磐田 17,762 は、清水がJ1、磐田がJ2所属のため開催なし。 2試合で勝点および得点が同じとなったためを実施、磐田が勝利し年間優勝を獲得した。 1994年2月の磐田スタジアム落成記念試合を始め、2015年および2016年はキャンプ地の鹿児島にてスカパー!ニューイヤーカップで対戦している。 また、1996年から2001年までは名古屋グランパスを加えた3チームによるが開催された。 本田技研 vs ヤマハ発動機 (1992年のみ 旧JFL1部)• ヤマハ発動機 vs 中央防犯 (1993年のみ 旧JFL1部)• 本田技研 vs PJMフューチャーズ (1993年のみ 旧JFL2部)• 本田技研 vs トヨタ自動車東富士FC (1993年のみ 旧JFL2部)• PJMフューチャーズ vs トヨタ自動車東富士FC (1993年のみ 旧JFL2部)• 本田技研 vs 中央防犯 (1994年のみ 旧JFL)• 本田技研 vs ジヤトコ (1997 - 2003年)• 本田技研 vs 静岡産業大学 (2000 - 2002年)• ジヤトコ vs 静岡産業大学 (2000 - 2002年)• ホンダFC vs 藤枝MYFC (2012 - 2013年)• ホンダFC vs アスルクラロ沼津(2014 - 2016年 ) JSLにおける県勢対戦 [ ]• 本田技研 vs ヤマハ発動機• 本田技研 vs トヨタ自動車• ヤマハ発動機 vs トヨタ自動車 脚注 [ ]• 藤枝市役所サッカーのまち推進課. 2019年9月30日閲覧。 藤枝市. 2019年9月30日閲覧。 静岡県サッカー協会中東部支部. 2019年9月30日閲覧。 静岡銀行. 2019年9月30日閲覧。 浜松市産業部産業振興課. 2015年12月26日閲覧。 青山知雄 2012年10月2日. サッカーキング. 2014年8月3日閲覧。 サカイク公式サイト 2011年8月11日. 2015年12月26日閲覧。 日刊スポーツ公式サイト. 2015年12月26日閲覧。 大住良之 2012年6月27日. Sportsnavi. 2015年12月26日閲覧。 スポーツニッポン、2011年5月29日• 清水エスパルス公式サイト 2013年10月28日. 2016年2月15日閲覧。 清水エスパルス公式サイト 2018年10月10日. 2018年10月12日閲覧。 乃木坂46公式サイト 2012年4月14日. 2015年12月26日閲覧。 静岡放送公式サイト 2009年4月20日. 2015年12月26日閲覧。 静岡新聞公式サイト 2012年6月18日. 2015年12月26日閲覧。 スルガ銀行公式サイト 2014年3月30日. 2015年12月26日閲覧。 フットボールチャンネル公式サイト 2015年9月24日. 2019年4月30日閲覧。 スポーツニッポン公式サイト 2016年11月16日. 2019年4月30日閲覧。 まいぷれ三島公式サイト 2017年3月28日. 2019年4月30日閲覧。 スポーツニッポン公式サイト 2017年1月10日. 2019年4月30日閲覧。 サンケイスポーツ公式サイト 2017年4月2日. 2019年4月30日閲覧。 日刊スポーツ公式サイト 2011年3月15日. 2020年3月28日閲覧。 ゲキサカ公式サイト 2017年4月9日. 2020年3月28日閲覧。 Jリーグ公式サイト 2020年3月9日. 2020年3月28日閲覧。 静岡新聞公式サイト 2020年3月27日. 2020年3月28日閲覧。 日刊スポーツ公式サイト 2020年3月26日. 2020年3月28日閲覧。 サッカーダイジェスト公式サイト 2020年3月28日. 2020年3月28日閲覧。 GOAL公式サイト 2020年3月28日. 2020年3月28日閲覧。 関連記事 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

練習試合の結果について清水エスパルスvs. ジュビロ磐田|株式会社エスパルスのプレスリリース

磐田 対 エスパルス

ジュビロ磐田対清水エスパルスの日程・放送予定(DAZN・テレビ) 4月14日(日)15時00分よりジュビロ磐田対清水エスパルスの一戦がジュビロ磐田のホームスタジアムであるエコパスタジアムで行われる。 DAZNで独占配信予定だ。 ジュビロ磐田対清水エスパルスの無料視聴方法(DAZN) 上述の通り、この一戦はDAZNで放送予定だ。 DAZNでは無料で1ヶ月お試しが可能だ。 無料お試しキャンペーン終了後は1750円(税抜き・ドコモであれば980円)で継続視聴ができる。 DAZNではJリーグ全試合の他、UEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ、プレミアリーグ イングランド 、ラ・リーガ スペイン 、セリエA イタリア 、リーグ・アン フランス 、シュペル・リガ(トルコ)の試合などのライブ中継を行っている。 DAZNではサッカー以外にも、野球をはじめとした様々なスポーツが視聴可能だ。 DAZNで視聴可能なスポーツは以下の記事を参考にされたい。 両チームの順位、直近の成績 ホームのジュビロ磐田は6試合で1勝3分2敗、勝ち点6で13位に位置している。 対する清水エスパルスは6試合で0勝2分4敗、勝ち点2で18位だ。 ジュビロ磐田は前節、アウェイで湘南ベルマーレと対戦。 2-0で勝利。 一方の清水エスパルスはアウェイでFC東京と対戦。 1-2で敗戦を喫した。 昨季直接対決の結果 昨季リーグ戦での直接対決は10月7日(日)に清水エスパルスのホームで行われた。 5-1で清水エスパルスが勝利した。 ジュビロ磐田対清水エスパルスの見どころ、注目選手 ジュビロ磐田は、前節のアウェイ湘南ベルマーレ戦で今シーズン初勝利を収めた。 この流れで「静岡ダービー」に勝利したい。 前回対戦では1-5で大敗を喫しており、リベンジに燃えている。 一方、清水エスパルスは、ここまでリーグ最多失点とDFに締まりがない。 未だリーグ戦未勝利の清水エスパルスは今節のダービーに勝ってチームの調子を取り戻したいところだ。 ここで、この一戦の注目選手をご紹介しよう。 ジュビロ磐田の注目選手:大南拓磨(日本) 清水エスパルスの強力攻撃陣を封じ込める上で、彼の役割はとても重要になってくる。 身長が高い上にスピードに特徴があり、センターバックとして申し分のない才能を持ち合わせている。 チームの2連勝に向けて、彼の活躍に期待したい。 清水エスパルスの注目選手:北川航也(日本) 前節のFC東京戦で、開幕以来にゴールを記録した同選手に期待したい。 スピードを活かしたゴール奪取能力に長けている、同選手はこの「静岡ダービー」でゴールを奪い、チームのリーグ戦初勝利を手繰り寄せたい。 まずは『DAZN』の公式ページで「まずはお試し1ヶ月¥0」をクリックしよう。 「アカウントの作成」では名前、姓、eメールアドレスの登録、パスワードの入力をすればOK。 あとは「お支払い情報」として、クレジットカードまたはデビットカードの情報を登録すればOKだ(最初の1ヶ月間は無料で、期間終了後から有料となる)。

次の

世界初の試み??清水エスパルス対ジュビロ磐田 インスタライブ実況生中継

磐田 対 エスパルス

スタンドのほうは、観客の出足も良く、超満員間違いなし。 8割以上は、オレンジ色のサポーターに占められているが、ジュビロ・サポーターもアウェー側ゴール裏の2階席に陣取り、熱い声援を送っている。 ピッチ状態は良好で、風はやや強めだがプレーに影響するほどではなく、今日も決戦の舞台は完璧に整っている。 みどころ 第1戦で後半途中からFWに入った福西が、今日は同じポジションで先発。 代わりに高原がサブに入った。 その他は、先週と同じ布陣で臨むジュビロ。 第1戦に勝利したとはいえ、今日90分で決着がつけば、それに勝ったほうが優勝となるため、大きなアドバンテージとは言えない。 やはり今日のアウェー戦が、天下分け目の一大決戦となる。 エスパルスのほうは、先週風邪で欠場した戸田が復帰し、大榎に代わってリベロを務める模様。 手慣れたDFの組み合わせだけに守備力アップが予想されるため、第1戦以上に先取点の重みが大きくなるはずだ。 ジュビロDFラインの頑張りとともに、絶好調の中山隊長の一発に期待したい。 15分まで 試合前から風がかなり強くなり、選手たちのプレーにも影響を及ぼしそう。 19:30、超満員の大歓声の中、両チームの選手たちが気合い充分の表情で入場。 19:33、キックオフ。 先週と違って、エスパルスは立ち上がりから左サイドにどんどんボールを集めてくる。 序盤は鋭い出足のエスパルスが押し気味。 前半風上に立ったエスパルスは、遠めからどんどんシュートを打ってくる。 33分まで 危険な立ち上がりの15分を過ぎ、試合展開も徐々に落ち着いてきた。 ジュビロは守備の組織を整え、冷静に相手の攻撃に対処し始めている。 鮮やかなミドルシュートをゴール右に突き刺す。 退場 36分/三浦がペナルティエリア前でアレックスにファウル。 それに怒ったアレックスが三浦に暴力をふるい退場。 【失点】 37分/その後のFK(ペナルティエリア前左)で沢登が素晴らしいシュートをジュビロ・ゴール右隅に突き刺す。 アレックス退場の後の沢登のゴールで逆に勢いづいたエスパルスに押される場面も目立ったが、前半は1-1のまま終了。 61分まで ジュビロのキックオフで後半がスタート。 1人多いジュビロは、思い切ってラインを上げ、攻勢をかける。 6分/藤田のスルーパスから中山が飛び出すが、DFにクリアされる。 その後のCKでも、波状攻撃を見せるジュビロ。 その後、エスパルスも必死の反撃で1人多い相手に対してチャンスを作る。 フィールドがややワイドになって行ったり来たりの展開。 残念! ハーフタイムのコメント/桑原監督 11人対11人のつもりで戦え。 右サイドを基点に攻撃を。 ディフェンスラインはプッシュアップを忘れずに。 ハーフタイムのコメント/ペリマン監督 セカンドステージのジュビロ戦も10人で戦って勝った。 今回もけっしてネガティブにならず、前に向かっていくこと。 一体になってこの4年間でやってきたことを、ここで出そう。 ジュビロサポーターも一瞬息をのむ決定的な場面。 ジュビロが少しずつ落ち着きを取り戻し、ボールをキープする場面が増えてきた。 大榎は中盤に入り、エスパルスが勝負をかけてきた。 延長の30分で得点なく引き分けならジュビロが優勝。 エスパルスのVゴールが決まれば、PK戦へ。 もちろんジュビロのVゴールなら文句なくジュビロの優勝。 98分まで ジュビロが円陣を組んで気合いを入れた後、21:26延長戦がキックオフ。 【Vゴール】 9分/ジュビロDFのすき間が一瞬空いたところにスルーパスを通され、ファビーニョがVゴール。 チャンピオンシップの行方はついにPK戦へ。 PK戦 先行はジュビロ。 1本目:服部が冷静にゴール左上に決める。 沢登、GK尾崎の逆をついてゴール左に転がす。 2本目:藤田、冷静にゴール右。 サントス、やや弱気なキックを尾崎が見事にストップ! 3本目:高原、思い切ってゴール左に蹴り込む。 伊東、ゴール右にしっかりとコントロール。 4本目:鈴木、冷静にゴール左上にしっかりと蹴り込む。 ファビーニョ、バーの上に外してジュビロの勝利が決定! 優勝決定!! 殊勲の尾崎にイレブンが駆け寄り歓喜の和ができる。 これでジュビロの2年ぶり2度目のJリーグ制覇が決定。 歓喜のキャプテン中山と藤田ががっちりと抱き合う。 試合後のコメント 桑原監督 厳しい試合だった。 内容はエスパルスのほうがよかったかもしれないが、負ける気はしなかった。 セカンドステージの当初は代表組が戻ったばかりだったり、怪我人が多くていい結果が出せなかったが、この勝利は選手・スタッフたちの「自分たちはアジアNO. 1だ」という意地と誇りが大きかった。 今日勝って、初めてアジアNO.1といえると思っていた。 ぺリマン監督 我々にとっては悲劇だ。 全ての面で上回っていたがPKの成功だけでは少なかった。 11人で戦っていたら勝てた試合だったと思う。 アレックスは過ちを犯したが、ここから学び取ることができればいい選手になれるだろう。 今まで「我々に値する結果が必ずついてくる」と言いつづけてきたが、今日はそうならなかった。 しかし、この経験で選手はさらに成長するはずだ。 中山選手 とにかくタイトルが取れてよかった。 今日の試合は負けたし、相手が10人になっても気迫に押された。 年間を通じて成績を残したのはエスパルスだったと思うが、僕らもそれだけの力を発揮していかなくてはいけないと思う。 この反省を、天皇杯に生かしていきたい。 藤田選手 アジアスーパーカップもこの試合も、2戦目は負けても優勝が決まったので複雑な心境。 90分で決めて勝ちたかった。 ジュビロはチャンピオンシップが3回目なので、場慣れしていた部分もあって、エスパルスへの対処はそれなりにできたが、自分たちの攻撃ができなかったのが残念だ。 【御礼】 おかげさまで、ジュビロ磐田は1999サントリーチャンピオンシップに優勝し、悲願の日本一のタイトルを手にすることができました。 3月のJ1リーグファーストステージ開幕以来、いいときも悪いときも、常に応援しつづけてくださったサポーターの皆様に、深く深く感謝いたします。 本当にありがとうございました。

次の