エアコン クリーナー。 エアコンの洗浄スプレーでは汚れは落ちない!?エアコン洗浄スプレーの使い方

【徹底検証】エアコンクリーナーに効果はある?財布に優しい掃除方法 | みんなのハウスクリーニング

エアコン クリーナー

エアコンの掃除は自分でできる? そもそもエアコンの掃除は自分で対応できるものなのでしょうか? 素人のエアコン掃除の範囲は、せいぜいフィルターの洗浄までかもしれません。 しかし、 エアコンは奥のファンやファンの裏側の汚れも酷いため、これらの箇所も徹底的に洗浄しなければなりません。 しかし、実際には手が届きにくいため、完璧にクリーニングするのは難しく、カビや汚れを残してしまう方が多いものです。 素人では対応が難しいエアコンクリーニングですが、 スチームクリーナーを使用すればピカピカな状態に仕上げることができます。 スチームクリーナーの概要については次項を見ていきましょう。 エアコンクリーニングを自分でするには「スチームクリーナー」がおすすめ スチームクリーナーとは、高温高圧のスチームを発する製品です。 油汚れ、泥汚れ、ホコリといった あらゆる汚れを除去することができ、除菌効果も期待できるため、衛生面においてもメリットがあります。 スチームクリーナーは、主にガスレンジや窓のサッシ、換気扇といった部分で使用することが多いです。 その他の用途として、実はエアコンにも使用できる万能アイテムになります。 クリーナーを使用することで、内部のカビやホコリ、べたつきなどが解消できるのです。 スチームクリーナーを使って、購入時のような美しさを取り戻しましょう。 エアコンのクリーニングをスチームクリーナーで行う方法 ここからは、エアコンのクリーニングをスチームクリーナーで行う方法をご紹介します。 まずは大まかな流れを以下のリストで確認してください。 エアコンの周囲を養生する• エアコンの前面パネルとフィルターを外す• 掃除機でエアコンのホコリを吸い取る• エアコンの拭き出し口からファンに向けてスチームを噴射する• エアコンの裏側に向けてスチームクリーナーを噴射する• エアコンの下に流れてきた汚れを雑巾で拭き取る• エアコンのフィルターと前面パネルの裏側にスチームを噴射する• エアコンを元に戻して完了 それぞれの工程の詳細を解説します。 スチームクリーナーを使用しない掃除方法については、以下の記事に記載があるので、併せて参考にしてみてください。 エアコンの周囲を養生する まずは、エアコンの周囲を養生します。 そこまで大掛かりな養生は必要ないものの、エアコンが設置されている付近1. 2メートルは養生しておきましょう。 作業中にエアコン内部から大量の汚水が流れ出てくることも考えられます。 そのため、エアコンの吹き出し口からビニール袋で吊り下げるようにして養生してください。 ビニール袋を設置することで、 エアコン内部から汚水が滴る際にビニール袋で受け止めることができます。 不安な方は、室内の家具を可能な限り別の部屋へと移動させることがおすすめです。 稀に予想以上に水分が飛んでしまうこともあるため、汚したくないものは移動させておきましょう。 移動が難しい大型家具に関しては、シートや大きめのビニール袋でカバーしておくと、汚水から守ることができます。 エアコンの前面パネルとフィルターを外す 養生ができたら、エアコンの前面パネルとフィルターを外します。 パネルなどを外す際は、やさしく作業することが大切です。 無理やり外すと、留め具部分が割れてしまう可能性があり、エアコンを元に戻せなくなってしまいます。 最悪の場合、エアコンが使用できなくなってしまうので、様子を確かめながらゆっくりと取り外していきましょう。 掃除機でエアコンのホコリを吸い取る まずは、掃除機でエアコンのホコリを吸い取っていきます。 掃除機の吸い込み口が入るところまでで良いので、内部を全体的に掃除機がけしてください。 ここでしっかりとホコリを取り除いておけば、後の作業でホコリが舞うのを防ぐことができます。 ハンディタイプの掃除機があると、より手軽にホコリを取り除けるためおすすめです。 エアコンの拭き出し口からファンに向けてスチームを噴射する ある程度ホコリを取り除けたら、スチームクリーナーをエアコンの吹き出し口から噴射します。 このとき、内部のファンに向けて的確に噴射することが大切です。 エアコンファンは細かい溝が多く、ホコリやカビを溜め込みやすい部分です。 サッと手短に終わらせてしまうのではなく、一部分ずつゆっくり丁寧にスチームを噴射していきましょう。 これを意識することにより、自分では確認できていない汚れも除去することができます。 エアコンの裏側に向けてスチームクリーナーを噴射する 次にエアコンの裏側に向けてスチームクリーナーを噴射します。 この部分は拭き掃除では手が届かない部分であるため、スチームをあてて効果的に汚れを落としていかなければなりません。 特に、 ファンの裏側部分は見えにくい部分であるため、掃除が行き届いていないことが多いものです。 そのため、スチームを奥へと行き渡らせるイメージで噴射してください。 エアコンの下に流れてきた汚れを雑巾で拭き取る スチームクリーナーを使用していると、汚れを含んだ水がポタポタと垂れてきます。 ある程度の水分は養生したビニール袋の中に入っていきますが、 溜まりすぎてしまうとビニール袋が落下する危険があるため注意してください。 できるだけ雑巾で汚水を拭きとり、ビニール袋に溜まりすぎないように気を付けましょう。 エアコンのフィルターと前面パネルの裏側にスチームを噴射する エアコンの内部だけではなく、フィルターと前面パネルの裏側にもスチームを噴射します。 フィルター清掃はお風呂場で行うと、周囲を気にせずに汚れを流せるためおすすめです。 そして、洗浄が終わったら陰干しして乾くまで待ちます。 また、前面パネルに噴射する場合は、自分に跳ね返ることがありますので、大きめのタオルでガードしながら作業を進めると良いでしょう。 エアコンを元に戻して完了 エアコンフィルターが乾いたら、内部に装着してエアコンを元に戻します。 このとき、エアコンの内部が濡れていたら、拭き取れる範囲で水分を取り除くか、乾くまで放置しておきましょう。 もしくは、10秒ほど送風運転をすると水分が飛んで素早く乾きます。 濡れたままエアコンを元に戻すとカビの発生を促してしまい、せっかくの掃除が無駄になってしまうかもしれません。 エアコンを元に戻す前に、十分に乾いているか確認しておくと安心です。 エアコンクリーニングでスチームクリーナーを使用するメリット エアコンクリーニングでスチームクリーナーを使用するにあたり、どのようなメリットがあるのでしょうか。 主なメリットは以下の3つです。 エアコンの掃除に洗剤を使う必要がなくなる• エアコン内を殺菌する効果が期待できる• エアコン周りに大規模な養生が必要ない それぞれのメリットについて詳しくご紹介します。 エアコンの掃除に洗剤を使う必要がなくなる エアコンの掃除には、中性洗剤や専用のクリーナースプレーを使用する必要があります。 しかし、スチームクリーナーであれば、洗剤無しであらゆる汚れを除去できます。 準備や後片付けの手間が少なく、掃除時間の短縮にもつながることでしょう。 エアコン掃除用に洗剤を購入するのが面倒な方にとって、何度も使用できるスチームクリーナーは便利なアイテムではないでしょうか。 また、金銭的な負担も減り経済的なメリットも得られます。 エアコン内を殺菌する効果が期待できる 高温スチームを噴射すれば、殺菌効果を期待することができます。 具体的な温度は製品によって異なりますが、基本的には100度以上であることがほとんど。 目に見える汚れだけではなく、 目には見えない雑菌もしっかりと除去できるのです。 エアコン内部の奥の雑菌も残さず殺菌できるのは、スチームクリーナーの大きな魅力といえるでしょう。 エアコン周りに大規模な養生が必要ない エアコンで必要不可欠な養生作業。 一般的には、エアコン周辺や壁、床下、家具、家電などあらゆる部分を徹底的に養生しなければなりません。 また、ズレないようにテープでがっちりと留めることもあるでしょう。 しかし、スチームクリーナーの場合は流れる汚水の量が比較的少ないため、簡易的な養生で十分です。 ビニール袋をかぶせるだけ、防水シートをかけるだけ、といった対応で問題はありません。 エアコンクリーニングでスチームクリーナーを使用する際の注意点 エアコンクリーニングでスチームクリーナーを使用する場合、いくつか注意点があります。 実際に使用する際は、以下の3つの注意点を把握しておきましょう。 エアコンの洗浄に石鹸水は使用しない• エアコンの樹脂部分にはエアコンクリーナーを使用しない• しっかりフィルターなどを乾燥させる 上記の3点を注意すべき理由も合わせて解説します。 エアコンの洗浄に石鹸水は使用しない エアコンを洗浄する際、石鹸水を使用する方がいます。 石鹸水を使用すると汚れがより落ちやすくなるイメージがあるかもしれませんが、実はあまりおすすめできません。 意外にも石鹸はカビが大好物の物質です。 石鹸水でエアコンを洗浄した際、 石鹸カスが内部に残ったまま掃除を終了してしまうとカビの大量発生を促すことになってしまいます。 この問題を避けるため、石鹸水の使用は避けるのが無難です。 スチームクリーナーだけでは心配な方は、 スプレータイプの専用の洗浄液と併用することをおすすめします。 おすすめのエアコンクリーニング用スプレーについては以下に記載があります。 併せて参考にしてみて下さい。 エアコンの樹脂部分にはスチームクリーナーを使用しない エアコンの樹脂部分にはスチームクリーナーを使用してはいけません。 高温高圧のスチームは樹脂にとって大きな負担です。 場合によっては損傷してしまう可能性があり、 運転時のトラブルの原因となってしまいます。 そのため、スチームクリーナーを使用する際は、樹脂部分を避けて作業を進めてください。 スチームクリーナー使用後はしっかり乾燥させる 上述したように、濡れたままエアコンを放置してしまうと、カビが発生してしまいます。 というのも、もともとエアコンが汚れるのは、湿気によるカビが原因です。 スチームクリーナーは、蒸気を用いて洗浄するため、非常に湿気がたまってしまいます。 クリーナー使用後は、乾燥するまで放置するか、送風機能を使って湿気がたまらないように注意しましょう。 まとめ エアコンクリーニングには便利なアイテムであるスチームクリーナー。 汚れが取り除けるだけでなく殺菌効果も期待できるとあって、さっそく購入を検討している方もいるのではないでしょうか。 エアコンクリーニングにスチームクリーナーを使用するメリットは多いため、おすすめできるアイテムといえます。 しかし、その前に注意点を把握することも大切です。 ぜひ、今回の記事を参考にしながらスチームクリーナーでエアコンクリーニングを検討してみてはいかがでしょうか。 ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。 エアコンクリーニングやハウスクリーニングなどの対策にかかる料金を一覧で比較することができます。 エアコンクリーニングは、掃除範囲や清掃台数、壁掛け・天井埋め込みなどのエアコンのタイプや作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。 そのため、作業を依頼する前に、エアコンクリーニング業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。 また、エアコンクリーニングは、エアコンを綺麗にするだけでなく、カビの繁殖を防いだり、病気を予防したりする効果があります。 エアコンを掃除することで、冷房や暖房の効き目も良くなります。 さらに本サイトでは、エアコンを自分で掃除する方法や、エアコンクリーニングにかかる費用の相場、賃貸物件のエアコンクリーニング事情なども紹介しています。 エアコンクリーニングの新着記事•

次の

【徹底検証】エアコンクリーナーに効果はある?財布に優しい掃除方法 | みんなのハウスクリーニング

エアコン クリーナー

エアコンは便利な家電ですが、 定期的に掃除をする必要があります。 掃除をしないとエアコンの効きが悪くなってきますし、電気代も余分にかかります。 また、最悪の場合は内部にカビが発生してしまうこともあるので、健康面でもよくありません。 エアコンの掃除といっても、だいたいはフィルターを掃除するぐらいです。 エアコンの内部まではなかなか掃除できません。 業者に依頼するとしっかり掃除できていいのですが、お金がかかりますし、家に来てもらうのも少し抵抗があります。 そんなときに便利なのが エアコンクリーナーです。 業者に依頼しなくても、自宅でエアコンの内部まで掃除ができるようになります。 ただ、エアコンクリーナーにも種類がたくさんあり、用途や洗浄成分などいろいろあるので、どれを選べばいいのか迷うところです。 そこで、このエアコンクリーナーの選び方のポイントとおすすめの商品を紹介します。 エアコンに空気を取り入れる場所にあるフィンですが、エアコンの内部で 一番汚れやすい場所です。 フィンは金属の細かいひだがあるのですが、この部分にホコリなどの汚れが入り込んでしまいます。 フィンを洗浄する場合は、入り込んだ汚れを噴出するため、 ジェットスプレータイプのエアコンクリーナーで汚れを吹き飛ばしましょう。 このタイプのエアコンクリーナーは、洗剤を洗い流す必要がなく、汚れた水はそのままドレンホースに流れるので掃除の後始末が簡単です。 特に、スプレーの範囲が広い噴出口がワイドなタイプなら、さらにスピーディーに掃除ができます。 ただし、液剤が飛び散りやすいので、掃除の前には、あらかじめ壁の養生や目の防護をしておきましょう。 ファンはフィンの奥にあり、空気を吸い込む役割があります。 奥にあるため手が届きにくく、掃除がしにくい場所なので、ホコリや湿気がたまってしまい カビが発生しやすい場所となっています。 フィンの汚れは頑固なものが多いので、フィンを洗浄する場合は泡で洗浄する ムースタイプのエアコンクリーナーを選びましょう。 泡状の洗剤が表面に張り付いて汚れをしっかりと落としてくれます。 ムースタイプのエアコンクリーナーは、2種類が1セットとなっていることが多く、まずムース状の泡洗剤で汚れを浮かしておいて、次にすすぎ剤のスプレーで洗い流して使います。 特に、エアコンの掃除をしばらくしていなかった場合など、頑固な汚れや臭いの対策におすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo.

次の

エアコンクリーナーのおすすめ10選。掃除で空気を快適に

エアコン クリーナー

そんなことにならないために、エアコンの掃除が大事です。 自分で掃除しようとすれば、多くの人が市販のエアコン洗浄スプレーを買いますよね? しかし、市販のエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、 エアコンの一部しか掃除できないと知って使っていますか? エアコンの一部というのは、熱交換器(フィン)という部分のことです。 市販のエアコン洗浄スプレーは、この熱交換器を掃除するスプレーなんです。 熱交換器の奥にあるファンは洗浄できません。 ファンを洗浄する市販のスプレーを販売していますが、 種類が少なくフィン洗浄スプレーより値段も高めです。 市販のエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、大まかに分けると 4種類あります。 その 8割がフィン用の洗浄スプレーで、 内部までの汚れを落とせないスプレーです。 購入する前には、よく確認して購入しましょう。 今回は、 そんなエアコン洗浄スプレーの種類や、エアコン洗浄スプレーの使い方について紹介します。 3 フィン洗浄スプレーを使ってフィンに吹きかけて放置する. フィン洗浄スプレーをフィンにスプレーする。 基本的にはスプレーをかけるだけですが、かける時に上下に動かしながらスプレーを全体に吹き付ける。 スプレーする時は、 5cm程度の距離をおいてスプレーする。 あまり離れて吹き付けると、フィンの奥まで洗剤が届かないので注意する。 フィン洗浄スプレーを1本吹き付けたら、 10分程度放置する。 フィンの掃除は比較的簡単にできますよ。 【エアコンの洗浄】ファンを洗浄する前に汚水を流すため養生する! ファン洗浄スプレーを使用する時には、ゴミ袋や、テープ、ゴミ箱が必ずに必要になるので準備しましょう。 エアコンのファンを掃除する前も、エアコンのコンセント抜いて、窓を開けて掃除しましょう。 エアコンの電子機器は、 特に電圧も高く火事の原因になってしまうことがあります。 自分で安くすませるために掃除しても、火事になってしまっては意味がありません。 エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)の使用は注意が必要です。 【エアコンの洗浄スプレー】エアコン洗浄スプレーは水漏れの危険性がある! エアコンない部位に汚れが詰まってしまう場合があります。 洗浄スプレーの泡がエアコンの中に残ってしまたり、その泡に汚れがくっつきやすくなり、その結果 ホースが詰まってしまい水が排出できなくなくなり、水漏れの原因になります。 【エアコンの洗浄スプレー】エアコン洗浄スプレーは故障の原因になる! 素人がやると間違ったところにエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)をかけてしまいその結果、 詰まらせたりして、故障してしまうことがあります。 故障するとエアコンクリーニングをエアコンのクリーニング業者に依頼するよりも、 料金が高くなってしまうので注意しましょう。 このようにエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)を素人が使うとなると、注意しなくてはならないことがたくさんあります。 もし、それでも自分でやるという人は細心の注意を払って、 あくまでも自己責任で洗浄しましょう。 【エアコンの洗浄】室内機だけではなく室外機も定期的に洗浄する! エアコンは室内機だけではなく、 室外機も家の外に設置されています。 この室外機は、室内機で取り込んだ室内の熱を、室外機まで運び室外に排出する役目があります。 重要な役目を持った室外機ですが、もともと風雨にさらされる室外での設置を前提に作られているので、エアコンの室外機の掃除はあまり考えなくていいといわれています。 月に1回程度はエアコンの室外機をチェックしておけば安心ですね。 チェックポイントは 3項目です。 【エアコンの洗浄】エアコン室外機の周りを確認しよう! 室外機に周りには枯れ葉や、クモの巣などがないか確認しましょう。 内部に入り込むとファンが故障する原因になりますので ブラシでかきだすか、掃除機で吸い取りましょう。 【エアコンの洗浄】エアコン室外機の裏側も確認しよう! 室外機の裏側も異物が絡まったり、ゴミが入っていたりしていると故障の原因になりますので、 ブラシを使って優しく取り除きましょう。 室外機の裏側の金属板はあまり力を入れすぎると、簡単にフィンが曲がってしまいエアコンの効率が落ちるので慎重にしましょう。 【エアコンの洗浄】エアコンのドレンホースを確認しよう! 室外機の近くにあるドレンホースは、 室内機からの結露水を排出する大事なホースです。 虫や砂埃が入りやすいので詰まっていれば、割り箸などでかき出しましょう。 関連記事• 【エアコンの洗浄】エアコン業者の使う洗剤は洗浄力がスゴイ! エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)使い方を紹介しましたが、これ以上の掃除は素人には難しいようです。 自分でやれば手間はかかりますが、費用をあまりかけずにすむのがメリットです。 しかし、エアコン専門業者に依頼すると、 自分では掃除が難しいエアコンの内部のファンやフィンの掃除をしてもらえます。 専門業者のお話では、エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は表面の汚れしか落ちなかったり、ホコリなどの汚れがドレインを詰まらせる原因になったりすることがもあるそうです。 では、費用をかけて専門業者にエアコンクリーニングを依頼すると、 どこまでやってもらえるのでしょうか? エアコン業者によりますが、経験と技術をもった業者に依頼すれば、 エアコンを分解し専用の洗浄器具を使って奥の奥まで、新品同様にピカピカにしてもらえます。 防カビや抗菌処理なども、オプションで依頼できますよ。 関連記事• エアコンの洗浄スプレーを使って落とせない汚れは業者に依頼しよう! 今回は、 そんなエアコン洗浄スプレーの種類や、エアコン洗浄スプレーの使い方について紹介しました。 市販されているエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、フィン用がほとんどですが、最近はファンの掃除にも対応した洗浄スプレーも販売されています。 しかし、値段が高くファン掃除をするときは、下に垂れ落ちる洗浄剤の対策で、養生が必要になり更に手がかかります。 皆さんは、エアコンの掃除は「自分でやる派」、「業者さんにお願いする派」どちらですか? 筆者は自分でやる派です。 フィルター掃除は、 月1回し、フィンを毎年使い始めの時期に、エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は使わず、掃除機でホコリを吸い取る作業をします。 そして 2年に1回は、プロの業者にエアコンクリーニングを依頼することにしています。

次の