鬱になる前に辞める。 うつ病の40代が退職はNG?辞める前に知るべき転職&再就職対策!

うつ病になる前に。なりかけの危険信号。

鬱になる前に辞める

また、今の技術職がどうしても辛くて、今すぐやめたいなら、 IT業界で営業や広報・経理など、他の職種を選ぶという手もあります。 この記事に書いている転職エージェントは すべて無料で利用できるので、 全国の求人を紹介してくれる 製造分野専門の などで相談してみましょう。 また、 本気で転職したいなら、複数のエージェントを活用することをおすすめします。 というのも、 転職活動をしている人は、平均2. 1社の転職エージェントを利用している。 さらに、転職に 成功した人は、平均4. 2社の転職エージェントに登録していた。 ということが、の調査で判明したからです。 早く、今の状況から抜け出すためにも、 最低3社、余裕があれば4社以上利用すると確実です。 技術職・開発職の仕事についていけなくて辛い… 「Web業界・技術職はこれから伸びる。 」 「手に職がつけば、一生これで食べていける」 そう思って就職したのに、 毎日出社するのも苦痛。 出社することを考えるだけで、 憂鬱な気持ちになる。 職場の人ともうまくいってないから、 わからないことを聞けない。 こんな思いを抱えながら、毎日辛く感じていませんか? 技術職・開発職が合わない・向いてないと感じる理由 そもそも技術職というのは、特殊な仕事ですよね。 その仕事内容はかなり幅広いものではありますが、 技術職・開発職についていけない・合わないと感じてしまう理由をまとめました。 学んだ技術・専門領域以外のことを求められる• 技術職・開発職は激務の割に年収が割に合わない• 職場の人間関係でも悩みがある• 先輩が仕事を教えてくれない 学んだ技術・専門領域以外のことを求められる 例えば、理系出身で化学を学んだからといって、 突然IT業界に就職し、機械を扱えるわけではありません。 また、プログラミング言語を学んだからIT業界でバリバリ活躍できるかというと、そういうわけでもありませんよね。 どんどん新しい言語や技術が出てきて、 自分だけが置いていかれているような気分になることだってあります。 そもそも、 自分が学んできた専門領域と違う場合、続けていくのが大変だと感じてしまうのは、無理もありません。 技術職は激務の割に年収が低い・割に合わない また、会社にもよりますが、 技術職はかなり忙しい。 仕事が大変な割に年収が低いことも多く、 仕事が割に合わない。 そんな声もよく耳にします。 まともなボーナス年1回なのに、そのボーナスすらまともな額もらえないのは辛い。 例えば、客先常駐のSEとして働いている私の友人は、2児の父ですが、 朝早く夜遅い。 システムに問題が起こると、 休日出勤することもよくあります。 そんな中で、 家族との時間を確保したいのにできない。 給料も、一般的に見ると、ものすごく低いわけではないけれど、 仕事内容と比較すると割に合わない。 また、客先が何度も変わるので、毎回人間関係を作り直すことになります。 そういった理由から、 別の会社に転職しました。 今では、土日は確実に休めるようになり、こどもの学校行事や家族旅行にも出かけられるようになり、 とても満足していると話していました。 このように、 会社が変わるだけでも、環境がガラッと変わることはあります。 「社風が合わない…」 「今の仕事が辛い…」 と感じるなら、思い切って転職するのがおすすめです。 この記事で紹介しているIT業界特化の転職エージェントは、 すべて無料で利用できます。 業界最大手の や製造系技術者の特化した にまずは 無料相談してみましょう。 上司や同僚など、話しやすい人、質問しやすい人はいますか? 悩みを聞いてくれたり、あなたを気にかけてくれる人はいますか? 仕事の内容はもちろん大切です。 しかし、職場の人と合うかどうかもかなり重要なポイント。 もし、気軽に話せる職場環境でないのなら、 その職場はあなたに合っていない可能性があります。 先輩が仕事を教えてくれない あなたの職場では、先輩が しっかり仕事を教えてくれますか? 人を育てる環境が整っていますか? 以前、私が勤めていた会社は、社員30名くらいの中小企業で、 社員研修などはありませんでした。 中途採用で入社しましたが、人を育てる文化がなく、 気軽に悩みを相談できる人もおらず、ランチはいつも一人。 また、同じ部署の上司も、悪い人ではなかったのですが、自分の仕事に手いっぱいで、人に教える余裕はありませんでした。 「忙しそうだから、話かけない方がいいかな…」 そんな風に日々気を使いながら、自分が仕事をしなくても会社がまわっていく現実を目の当たりにしました。 「私は何をしているんだろう。 」 「ここにいる意味はあるのかな。 」 そう感じる日々が続き、 毎日、出社する電車が苦痛。 そして、ついには体調を崩し、仕事を休みがちになってしまいました。 仕事がつらい=あなたの能力が低い訳ではない 当時の私は、 「自分が無能だから、仕事がわからないんだ。 」と自分を責めていました。 仕事がつらいと感じるときは、 「自分の能力が低いから…」 そして、仕事をやめたいのは、 「自分の忍耐力が低いから…」 とにかく自分が悪いんだと考えがちです。 もちろん、自分の努力不足がないとは言えません。 しかし、それだけが原因ではない場合もあります。 技術職・開発職で頑張っても努力が評価されない時はある 自分でできる努力を続けることは大切。 しかし、大小様々な企業がある中で、まだ 人を育てる人材がいなかったり、研修制度が整っていなかったり。 あなたがそこでどんなに仕事を頑張ろうと努力しても、 あなたの努力では、どうにもならない場合もあります。 仕事についていけなくて悩んでいる、ということは、 仕事で活躍したいという向上心があるということ。 そうであれば、 その気持ちを最大限に活かせるように環境を変えることも大切です。 無理してその場所にいるのは時間の無駄になることもあるからです。 技術職・開発職、その職場で10年後も働きたいですか? 考えてみてください。 今の状況のまま我慢して、この先もその会社で過ごし続けることを。 この先もずっと、そこにいたいですか? あなたの人生の中で、一番若いのは今。 今の貴重な時間を無駄にしないためにも、もし、その答えが NOなら、転職することを検討してみてください。 私は、以前の会社で、職場に馴染めず、 体調を崩すほど毎日出社することが苦痛でした。 でも、 転職して新しい会社に入ると、全く違う環境になりました。 会社の規模は小さくなりましたが、その代わり、 丁寧に教えてくれる上司ができました。 毎日楽しくランチを食べることができるようになりました。 後輩ができ、 仕事を教えられる立場になりました。 「もっと早く転職すればよかった。 」 そう思いました。 業界最大手・求人数10,000件以上! 「 」• アドバイザーの技術的理解が深い 「 」• 製造系エンジニアなら 「 」• ゲーム業界なら 「 」・「」 うつ病になる前に職場環境を変えよう また、 日本人の10人に1人はうつ病経験者です。 そして、そのほとんどが 仕事や職場環境のストレスが原因だと言われています。 「仕事のやる気がおきない」 「単純なミスを繰り返してしまう」 「上司の言っていることが理解できない」 こんなことを感じていませんか? そのまま放置しておくと、 うつ病として 長年通院が必要になるだけでなく、入院になるケースもあります。 「仕事が合わない」そう思っている段階なら、まだ間に合います。 仕事内容は同じでも、職場環境が変わるだけで、仕事が楽しくなることも。 もし、今、 仕事が辛いなら、まずは職場を変えてみましょう。 年収を維持しつつ転職するなら複数エージェントにを利用しよう また、転職を考えるときに 年収を落とさず新しい環境を手に入れるなら、経験を生かすことです。 今、技術職・開発職としてWeb・IT業界で働いているなら、より多くの企業情報を得るためにも、 3つ以上の転職エージェントを活用しましょう。 の調査によると、 転職に成功した人は、 平均4. 2社の転職エージェントを利用しています。 まず、 確実に登録しておきたいのは、 幅広い求人を扱っている。 また、 製造系エンジニアに強い がおすすめです。 IT・Web・ゲーム業界に特化した では、給料や福利厚生の情報だけでなく、会社の雰囲気や先輩の声・写真などの情報も見ることができます。 もちろん、自分で転職サイトをチェックすることもできますが、 自分の希望に合った求人を担当者から提案してもらう方が、転職成功確率は格段に上がります。 Web・IT業界で転職するなら必ず登録すべきエージェント 技術職・開発職の方がIT・Web業界で転職活動をするなら、 複数の転職エージェントに登録するべき、というお話をしました。 Web業界に特化したエージェントはたくさんあります。 まずは、こちらの3つを利用すれば間違いありません。 業界最大手・求人数10,000件以上! 「 」• アドバイザーの技術的理解が深い 「 」• 製造系エンジニアなら 「 」 この他に、 ゲーム業界での転職なら、 や。 製造系エンジニアなら、 を活用しましょう。 これを機にフリーランスエンジニアになるという道も また、ある程度のスキルがあって、 「会社勤めをしたくない」 「リモートワークや自由度の高い仕事を探している」という人もいますよね。 そんな人におすすめなのが、 フリーランスとして独立することです。 「独立する」と聞くと、なんとなくハードルが高いように感じますが、 実際エンジニアの独立はそんなに難しいことではありません。 というのも、最近では、 や など、フリーランスエンジニアに特化したエージェントがたくさんあります。 こういったエージェントを利用すれば、自分の力で営業して仕事を取ってこなくても、案件を紹介してもらうことができます。 実際、 フリーランスのエンジニアとして活躍しているほとんどの人が、利用しているエージェントです。 ある程度Web・IT業界での経験がある人は、フリーランスになるという道もあるので、その場合は、下記エージェントを利用してみてください。

次の

鬱で退職その後お金はどうなる?ウツで退職した僕が教えるお得な解決策

鬱になる前に辞める

うつ病の原因で非常に大きい割合を占めるのは 「仕事や職場の人間関係」 と言うのが非常に多いです。 実際、僕がうつ病になったり休職をしたのも 仕事が影響しています。 僕の場合、9ヶ月間休職をし復職をしましたが うつ病になると、会社から退職を迫られることになるケースもあるらしいです。 この場合、自己都合なのか?それとも会社都合なのか? うつ病で会社を辞める時の事を考えておこうと思います。 実際、僕も、うつ病が完治したわけではありません。 相変わらず、通院もしていますし、服薬もしています。 復帰後も、たまに体調が悪い時ってのはあります。 なので、正直な話、また、休職する事ってのはあるのではないか? と言う恐怖はあります。 また、いつか、それが原因で会社を辞めるなんて日が来るんじゃないか? と考える事も多々あります。 うつ病で会社を辞めるとき! 退職理由は超大事! 念のため、会社を辞めなくてはいけなくなった時の事を考えておきましょう。 うつ病で退職せざるを得ない場合は会社都合にする うつ病になると、そもそも、精神的に疲弊していることもり 判断力も鈍ります。 そのため 「うつ病になった自分が悪い」と考えて 退職理由を 「自己都合」としてしまう人が多いらしいです。 まず、そもそも休職できる期間を考えましょう。 休職できる期間は、大きい会社であれば、1-2年程度あります。 と言う事は、退職を急がず、まずは休んで治療に専念するのが良いです。 中小企業の場合、さすがに同じ条件と言うわけには行かないと思いますが 退職するにしても、半年程度は治療のため休ませてもらいましょう。 また、退職する際 「会社都合による退職」と「自己都合による退職」 では色々と変わります。 まず、大きい会社である場合、自己都合での退職を選ぶと 退職金が大きく減ってしまいます。 ですので、ここで損をしてしまいます。 自己都合で退職してもらった方が、会社としては都合が良いです。 ただ、うつ病になるのは自分だけが悪いわけではありません。 なので、退職理由は、必ず 「会社都合」となるようにすべきです。 離職票の退職理由ももちろん、会社都合退職にしてもらいましょう。 まず、大きい会社での場合は、退職金もありますので、会社都合のほうが退職金が多く出ます。 自己都合退職だと通常、退職金は値引かれてしまいます。 中小企業の場合、そもそも退職金の制度がなかったりする場合があるので 関係なさそうな感じがしますが、そんな事はありません。 失業手当を受ける場合に 自己都合よりも会社都合による退職の場合の方が 多く給付を受けることができます。 また、失業手当の給付期間は 自己都合退職の場合は最長150日 会社都合退職では最長330日 となっていますので、絶対に会社都合になるようにしましょう。 うつ病で会社から退職勧奨を受け入れれば会社都合になる? うつ病になってしばらくの間休職し その後に職場復帰をしたとしても 以前のような仕事をする事ができない場合があります。 ちなみに、僕も以前のように仕事ができているとは言えません。 周囲の目も当然気になります。 もちろん、周囲も気を使って接してくれていると思います。 うつ病は数カ月の休養で完治するというわけではありません。 僕なんて、かれこれ、もうすぐ10年心療内科に通院しています。 また、同じ職場に復帰できて、再発するというケースも多々あります。 このような場合には、思い切って会社を辞めて治療に専念し そして、再就職をするというのも一つの方法だとは思います。 また、うつ病ということで退職金を割り増しするから 辞めてほしいという旨の通告があることもありえるようです。 これらの場合は非常にラッキーな話ではありますよね。 会社からの退職勧奨を受け入れて退職すると言うのが良いかと思います。 僕だったらそうします 退職勧奨を受けて退職すると 会社都合退職となってハローワークで 「特定受給資格者」として扱われることになり 3ヶ月間の給付制限が無く、しかも基本手当の所定給付日数も増えるというメリットがあります。 ただし、大企業が実施している 「早期退職者優遇制度」は別の話です。 これは、自己都合退職扱いとなりますので、退職金は上乗せされるかもしれませんが ハローワークでの恩恵は受けられません。 うつ病で退職する場合は「自然退職」を選択すべき うつ病での退職の形式の問題です。 一般的なのは、自己都合退職と会社都合退職です。 会社にとってみれば 自己都合で退職してもらう方が支払う退職金も少なくて済みます。 もちろん、イメージ的にもいいでしょう。 辞める側にとっては会社都合で退職する方が 退職金も満額支給されます。 失業手当も早く受け取れるというメリットがあります。 そのため、うつ病での退職に関しては 自己都合か会社都合かで揉めるということも結構あるようです。 そこで、第三の退職理由 「自然退職」 と言うのがあるようです。 「自然退職」とは、所定の休職期限を過ぎても復職できない場合など 労働規約に記載されていれば適用されるもので 揉め事を起こすことがなく退職金も満額を受け取れるなどあるようです。 うつ病で休職や退職する場合に安心な傷病手当 うつ病になると、長期の休職をしたり 場合によっては退職しなくてはならない場合があります。 そこで困るのが、仕事を辞める事により 収入がなくなると言う事でしょう。 先行きの生活に不安を感じて、なかなか会社を辞めるまで至らない人も多々いると思いますし そんな事を考えると、余計にうつ病が悪化します。 そこで「傷病手当」の登場です。 所定の受給要件を満たせば 月々給料のおよそ3分の2が 非課税で最長1年6か月間もらえます。 しかも、申請して約1か月後に支給が開始されるので 非常に早くて安心です。 なので、仕事ができなくなっても 生活費は、何となります。 ありがたい仕組みですね。 うつ病で休職しても簡単に解雇されることはない 僕の知人で、休職をする前に、会社を辞めるかで悩んでいる人がいました。 上記でも述べたように、休職してしまえば、治療に専念する事ができ しかも、お金ももらえます。 なので、僕は会社を辞めるとかを考えずに、まずは休職をしてみましょう と休職をする事をオススメしました。 うつ病になっても、簡単に解雇されることはありません。 ただし、うつ病に限らず、何らかの疾病で休職した場合 就業規則などで定められた期間内に治癒すれば復職することになりますが 期間を満了しても治癒せず復職できない場合には労働契約が消滅することになります。 この労働契約の消滅と言うのが厄介です。 退職になるか解雇になるかは 各会社が定める就業規則に従うことになります。 解雇にはそれに伴う大きな理由や手続きが必要とされます。 従業員を解雇する事は、会社側としては慎重になります。 なので、うつ病だからという理由で解雇される ということは、あまりないようです。 うつ病を理由に退職を働きかけてくる 「勧奨解雇」 と言うのはあり得るようですが この場合も退職と同じ扱いになると思われます。 残念ながら、うつ病は再発する人がたくさんいます。 僕も会社で何人かは、再発事例を知っていますし 自分でも、再発しないか? と言う不安はいつもあります。 会社員でいるうちは、会社員という強みを活かした選択をしようと思っていますし 将来的に、あと何年会社員でいようか? と言うのは、考えています。 うつ病はハッキリ言って、しんどいです。 ただ、これを機に、将来的な事も考えていかなきゃいけないんだな・・・ と僕は感じました。

次の

会社行きたくなくて辞めたい!うつ病になる前に試してほしい5つの対処法

鬱になる前に辞める

ケース2.賃金が低すぎる 賃金が低すぎて日々の生活もままならないようなケースでは、 低賃金がうつ病の原因となることもあります。 例えば、「賃金が低すぎて借金しないと生活できない」「頑張って何年も働いているのに賃金が全く上がらない」という状況です。 生活を豊かにするために頑張って働いているのに、低賃金で我慢を強いられると、働く意欲どころが生きる意味も失ってしまいますよね。 このように賃金が低すぎることにより、うつ病を発症してしまう人も少なくありません。 ケース3.労働時間が長すぎる 仕事が忙しくて異常なほどの長時間労働で働いている場合、 労働時間が原因でうつ病を発症する可能性もあります。 具体的には、月100時間以上の残業が続く状況で働いていると、何らかの健康障害を発症しやすいといわれています。 (引用:) 月100時間以上の残業となると、心身ともに大きな負担がかかる可能性が高いため、退職を検討したほうがいいケースだと言えるでしょう。• うつ病は「心の風邪」といわれているほど、身近な病気です。 風邪をひいたら内科にいくように、うつ病かも?と思ったときに心療内科や精神科に行くことは普通のことです。 ですので、心療内科や精神科にかかるのは「ハードル」が高いと感じている方も、ぜひ気兼ねなく受診してくださいね。 また、労災認定を得るには、病院の診断書が必要となるケースが多いです。 正当な補償を受けるためにも、病院で診断を受けるようにしましょう。 休職の期間の上限は会社によって異なりますが、病気による休職の場合、「半年~1年」を上限とする企業が多いです。 先ほどもお伝えしたように、すぐ退職すべきでないのは、うつ病が原因で退職すると再就職の難易度が上がるためです。 そのため、ひとまず休職してそれでも体調が回復しない場合、退職するという流れがおすすめです。 休職中のお金のことが心配だという方も多いですが、健康保険に加入していてうつ病で休職した場合、「傷病手当金」という制度が利用できます。 (参考:) 傷病手当金の申請条件は以下の通りとなっていますので、確認してみてくださいね。 1 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること 2 仕事に就くことができないこと 3 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと 4 休業した期間について給与の支払いがないこと (出典:)• 〈退職前に考えておくこと〉• 40代など年齢が進んでいる場合、再就職が難しいこともある• 貯蓄はあるか• 家族の協力は得られるのか 若い世代なら再就職も可能ですが、40代でうつ病により退職をすると、次の就職先を見つけることが難しい傾向があります。 そのため、できるなら今の会社に勤めながら転職先を見つけておくのが安心です。 また退職してしまうと収入が途切れますので、お金の面の心配が生じます。 次が決まっているのならいいのですが、 決まっていない場合は最低でも1年程度は暮らしていける貯蓄があるか確認しましょう。 さらに、療養中の間、家族の協力が得られるのかという点も確認しておいたほうが良いです。 生活や将来が不安定になるという理由から、退職をきっかけに離婚してしまうケースも少なくありません。 うつ病の治療には家族など身近な人の協力が不可欠ですから、退職の前に家族と話しあう機会を設けておきましょう。 【ステップ1】退職願を出す 退職の意思が固まったら、 上 司に相談し退職願を会社に提出しましょう。 退職願の提出期限は会社によってまちまちですが、最低でも退職希望日の2週間前には退職願を提出する必要があります。 退職願の退職理由の書き方で悩む方もおられますが、一般的には退職願への退職理由の詳細の記載は必要ないとされています。 そのため、うつ病で退職することを、退職願に書面で記載しなくても構いません。 「一身上の都合により」「体調不良のため」などの記載で問題ありません。 【ステップ2】有休を消化する 退職前に有給休暇が残っているなら、 ためらわず全て取得してから退職しましょう。 会社は原則として、社員からの有休の申請を拒むことはできません。 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。 (引用:) ただ引継ぎはするべきなので、引継ぎに支障が出ないよう計画的に有休を使いきりましょう。 【ステップ3】社会保険の手続きを行う うつ病で退職する場合、基本的には次が決まっていない状態で辞めることになります。 空白期間が生じる場合、 退職後は前の会社の社会保険は使えなくなりますから、年金や健康保険などの社会保険の切り替え手続きが必要です。 この手続きをしないと、将来の年金受給額が少なくなったり、医療費を全額負担しなくてはならない等の不都合が生じます。 金銭的な負担を抱えないためにも、忘れずに手続きを行ってくださいね。 〈未払い金の請求方法〉• タイムカードなどの証拠を残しておく• 残業時間を計算する• 会社と交渉する• 応じてくれない場合は、内容証明郵便で会社に請求書を送る 残業代は、2年前までさかのぼって請求することが可能です。 この法律の規定による賃金(退職手当を除く。 )、災害補償その他の請求権は二年間、この法律の規定による退職手当の請求権は五年間行わない場合においては、時効によつて消滅する。 (引用:) ただし、無条件に認められるのではなく、請求には証拠が必要です。 労働契約書やタイムカードなど、労働条件や残業時間を示す証拠書類を事前に集めておきましょう。 また、なかなか会社が請求に応じてくれない場合は、労働基準監督署や弁護士に相談することも検討してください。 労災による治療費 職場が原因でうつ病を発症した場合、労災を申請し認定が下りれば、 治療費や休業損害について補償を受けることも可能です。 ただし、労災と認定されるためには、傷病が業務によって生じたことを認められる必要があります。 労災認定のための要件は次の通りです。 認定基準の対象となる精神障害を発病していること• 認定基準の対象となる精神障害の発病前おおむね6か月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること• 業務以外の心理的負荷や個体側要因により発病したとは認められないこと (引用:) ただし、精神障害で労災認定を得るのは簡単なことではありません。 以下のグラフを見て分かる通り、支給決定となる件数は少ないのが現状です。 (引用:) うつ病をはじめとした精神障害で労災認定を得る場合は、弁護士など専門家を頼ったほうが良いでしょう。 パワハラ等が原因の場合は訴訟も検討すべき 上司によるパワハラがうつ病の原因となるケースでは、裁判で会社や上司を訴えることが可能です。 訴えが認められれば多額の損害賠償を得られる可能性があります。 裁判を起こす際は、企業との交渉や証拠集めをしなくてはなりませんので、弁護士に依頼したほうが懸命です。 【公式サイト】 医療費の助成 うつ病で治療を受けている場合、自立支援医療制度という制度を使えば、 所得に応じて医療費の自己負担が、3割から1割に減らされます。 対象となるのは外来や投薬、訪問看護やデイケアなどで、入院に関する費用は助成されません。 (参照:) 手続きは市町村の担当窓口で行えます。 税金が安くなる 心身に障害を持っている方は、 所得税や住民税などの税金が安くなる可能性があります。 対象となる基準は以下のように定められています。 障害者控除の対象• 身体障害者手帳3級~6級の方• 知的障害をもつ方• 精神保健福祉手帳2級~3級の方 引用:「」 障害者控除として27万円が所得から控除されます。 その結果、支払う所得税の額が減少します。 6.うつ病で退職した人が再就職するには? うつ病で退職した場合、「再就職できるのかな…」という不安があると思います。 その点は、キャリアアドバイザーがサポートしてくれる「転職エージェント」があるため、安心してください。 転職先は「転職エージェント」で見つけよう 転職エージェントとは、担当のキャリアアドバイザーがついて、求人探しや面接対策をサポートしてくれるサービスです。 求職者の状況を考慮して、条件にぴったり転職先を見つけてくれるので、転職先が見つかるか不安な人でも安心です。 特に、大手転職エージェント「」は精神障がい者向けの支援に力を入れているので、うつ病経験者に寄り添ったサポートを受けられます。 うつ病患者に理解のある会社を探してもらえたり、転職が成功するまでのサポートをしてもらえたり、手厚いサポートを受けられるのが特徴的です。 まずはキャリアアドバイザーに相談してみるだけでも構いません。 いつでも転職できるように、求人紹介だけでも早めに受けておきましょう。 運営会社 パーソルキャリア株式会社 直接応募求人数 5,000件以上 対応エリア 全国 利用料金 無料 公式サイト 詳しくは「」をご確認ください \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/ うつ病で転職する際の気になる疑問点 Q1.障害者手帳を取得しておくべき? 障害者手帳を取得し、 うつ病であることを企業に開示して障害者雇用枠で働く方法があります。 障害者手帳があれば、企業が障害のことを把握してくれるため、職場の理解が得られやすいです。 以下は、実際に障害者手帳を取得して、障害であることを職場に明かして働いている方の声です。 精神障害者手帳、取得するのを迷っている人もおるかもしれん。 けど私自身、取得して良かったと思ってる。 控除や割引なんかもあるんだけど、私は手帳を手に入れて、やっと「うつ病」「精神障害者」ということを自分で受け入れられた。 少しだけ前を向けた。 今までは心のどこかで否定してたんだな。 — えすわに低浮上 M53682150 迷っていた手帳申請完了。 逆説的で変な話だけど、これは復活の兆しのような気もする。 しかし、上記のツイートを見ても分かるように、手帳を取得し働くという選択を取っている方もいらっしゃいます。 どちらのツイートも 手帳の取得を前向きにとらえ、前に進もうと努力しています。 障害者としてでも働くことができれば状況は良くなっているといえるので、障害者雇用枠で働くことも検討にいれていただけたら幸いです。 Q2.うつ病が完治するまで待つべき? うつ病が治ってるまで治療に専念するべきか、完治するまで待つべきか、悩みどころだと思います。 基本的に、うつ病は再発リスクが高いので、まずは完治に専念するべきです。 たしかに、うつ病が完治するまで待つと空白期間ができてしまいますが、転職エージェントと2人3脚で仕事を探せば、転職先は見つかります。 それがダメでも、「ハローワークで仕事を探す」など手段はたくさんあるので、無理に焦る必要はありません。 まずは、思い切って働ける健康状態に戻すことを優先しましょう。 まとめ うつ病で働くのが辛いなら、まずは以下の3つを試してみてください。

次の